ミッドハイスマホOPPO A92s正式発表!5G対応・120Hz液晶 すまほん!!

 中国メーカーOPPOは最新ミッドレンジスマートフォンOPPO A92sを正式発表しました。OPPO A92sはSoCにDimensity 800を搭載する5G対応スマートフォンです。

 Dimensity 800は台湾の半導体メーカーMediaTek製、7nmプロセスの5Gモデム統合型チップです。MediaTekはミッドレンジスマホ向けのチップながら高いパフォーマンスを発揮できると謳います。QualcommのSnapdragon 765あたりのライバルとして期待されています。

 OPPO A92sは背面に四つ角が丸くなったスクエア状のカメラモジュールを搭載。背面カメラはトリプルカメラ+深度センサーで、トリプルカメラの構成は、4800万画素のメインカメラ、800万画素の超広角、200万画素のマクロカメラとなっています。

 また、インカメラには1600万画素のメインカメラの他に、200万画素の深度センサーも備えています。

 ディスプレイは液晶。6.57インチ(1080 x 2400)。リフレッシュレートは、ミッドレンジスマホでは非常に高いなんと120Hzとなっています。

 バッテリーは3890mAhで20Wの急速充電が可能。その他スペックは以下の通り。

Sponsored Links
OS Android 10,ColorOS 7.0
CPU  Dimensity 800
メモリ 6/8GB
容量 128GB
画面 6,57型 (1080×2400)
カメラ 4800万画素(標準)+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)+200万画素(深度センサー)
インカメラ 1600万画素
電池 3890mAh
寸法 163.8 x 75.5 x 8.1 mm,184 g
その他 20W急速充電,Wi-Fi6,側面指紋

 本体カラーは、ブラックとグラディエントパープルの二色。発売日は4月29日。価格は以下の通り。

  • OPPO A92s 5G(メモリ6GB、ストレージ128GBモデル):2199元(日本円で約3万3400円)
  • OPPO A92s 5G(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):2499元(日本円で約3万7900円)