1万円台のミッドレンジスマホRealme Narzo 10 / 10Aが正式発表 すまほん!!

 OPPOの新興国向けサブブランドRealmeから、最新ミッドレンジスマホRealme Narzo 10が正式発表されました。

 Realme Narzo 10の搭載SoCはMedia Tek製 Helio G80を搭載。実行メモリは4GBでストレージは128GB。ディスプレイは液晶で6.5インチ (720 x 1600)。ディスプレイ上部には水滴型のノッチを搭載しています。

 背面カメラはクアッドカメラ。(4800万画素のメインカメラ+800万画素の超広角カメラ+200万画素のマクロカメラ+200万画素のモノクロカメラ)

Sponsored Link

 また、ナイトモードも備えており、低照度でも明るい写真を撮ることができとのこと。

画像:Realme商品HPより。

 バッテリー容量は5000mAhで、タイプCポートから最大18Wでの急速充電が可能。

OS Android 10, Realme UI
CPU Helio G80
メモリ 4GB
容量 128GB eMMC 5.1
画面 6.5型(720 x 1600)
カメラ 4800万画素+800万画素+200万画素+200万画素
インカメラ 1600万画素
電池 5000mAh 
寸法 164.4 x 75.4 x 9 mm ,199 g
その他 18W急速充電、リバースチャージング

 Realme Narzo 10の発売日は5月18日。価格は1万1999ルピー(日本円で約1万7000円)。

 ディスプレイは液晶で、画面内指紋認証には対応していませんが、筐体背面には指紋認証を搭載しています。同価格帯のスマホにはあまり搭載されていないナイトモードも備えているのは注目のポイントです。

 なお、本機のバリエーションとして、Narzo 10Aがあり、こちらはMediaTek Helio G70、実行3GBメモリ、32GBストレージで価格8499ルピー(約1万2千円)となっています。