噂:2021年に入るとすぐ超急速「100W充電」対応のゲーミングスマホが複数登場か!? すまほん!!

 充電が一瞬で終わる!

 2021年第1四半期(1~3月)のゲーミングスマホのセールスポイントは、Snapdragon 875搭載と100W急速充電対応になると、中国著名リーカー「数码闲聊站」氏がWeiboにて言及しました。

 それによると、中国国内のゲーミングスマホメーカー4社のうち3社が、100W充電に対応するスマホの商用化を進めていることです。

 これまでに少なくともXiaomi、Vivo、OPPOの三社は、100W充電に対応するスマートフォンを開発していることを明らかにしています。

 Xiaomiグループの副社長に当たるLin Bin氏は、昨年、100W急速充電の充電速度を公開しており、4000mAhのバッテリーをわずか17分で充電することができていました。

 各社こぞって、急速充電に関する開発を進めているのはなぜなのか?

 一般に、5G通信は多くのバッテリーを消費すると言われており、各社スマホは大容量バッテリーを搭載。そして大容量バッテリーを充電するには、充電速度が重要というわけ。

 また、QualcommのSnapdragon 875に関しては、5Gモデム X60統合型チップとなり、プロセスルールは5nm。台湾のTSMCは既に同チップの量産体制に入っているとみられています。

 その他、Qualcommは来月にもSnapdragon 865の改良チップ、Snapdragon 865+を正式発表すると見られています。通常のSnapdragon 865は2.84GHzでしたが、Snapdragon 865+は3.09Ghzになるという情報もあります。慣例通りであれば、ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone 3」は改良チップを搭載する可能性があります。

こんな記事も読まれています

QualcommがSnapdragon 870を発表。最大動作周波数は最大3.2GHz!

噂:LGはハイエンドSoC調達せず、ミッドハイに退避か?

次期ハイエンドプロセッサ「Snapdragon 898」、11月30日発表?

クアルコム、眼鏡端末「Snapdragon XR1 AR Smart Viewer」発表

スナドラ新チップ。480 Plus/695/778G Plus一挙発表、680 4Gも