OPPO Find X2 Pro カメラレビュー。望遠良好、激しすぎない色彩、夜景は今風 すまほん!!

 国際版のSIMフリーモデル「OPPO Find X2 Pro」を輸入し、しばらく利用していたので、カメラレビューを上梓します。

 OPPO Find X2 Proはトリプルレンズカメラを搭載します。光学式と電子式のダブル手ブレ補正にも対応。構成は以下の通り。

  • 4800万画素メイン F値1.7
  • 4800万画素超広角 F値2.2
  • 1300万画素望遠 F値3.0

 4800万画素なので高精細に撮れます。パリッとした絵が撮れるのが特徴的。

Sponsored Link

メインで撮影

超広角で撮影

 夜景を撮影したところ、やりすぎ感のある明るさに。かなり今風のスマホの画作りです。

 左がHuawei P40 Pro、右がOPPO Find X2 Pro。Huaweiに引けを取らないですね。暖色系の光源の色をより強調していることがわかります。

Sponsored Link

 潜望鏡型望遠カメラを備えたOPPO Find X2 Pro。

 最大10倍ハイブリッドズーム、最大60倍デジタルズームを謳います。どこまで実用性があるかなといったところですが、10倍、20倍程度なら十分使い物になります

 日中屋外だけではなく夜景でもかなりの望遠性能を発揮。

 3階の喫茶店で、キャッシュレスの話題になり、「隣の飲食店、何のキャッシュレスに対応してるんだろ?」と見下ろした時、Find X2 Proで望遠してみました。さすがに小さいですが、各キャッシュレスのロゴなどから、何に対応しているのか大体わかりますね。望遠性能が活きる場所も、工夫次第で日常の中にけっこうありそう。

Sponsored Link

 中華スマホのAI判定やHDR、特にHuaweiなどは過剰に色彩を強調しすぎる傾向がありますが、それらの中ではまだ許容範囲かなぁと個人的には感じます。見た時の印象と乖離しすぎず、美味しそうに見えます。左はAIオフ、右はAIオン。

(参考:Huawei P40 Pro、AI有効で撮影。個人的には見た印象と乖離しすぎている上に原色に近くて美味しそうだと思えないのだが、このような画がしばしば撮れる)

 花をとにかく赤や緑を派手に強調しすぎる中華スマホのカメラの傾向は、ハマる時もありますが、そうでないことも少なくありません。OPPO Find X2 Proなら花も激しすぎない程度の色味。曇りで暗めだった時の様子も、その時の空気感をほどよく残しているように感じます。

Sponsored Link

 中華スマホのカメラはDxOMarkカメラベンチマークに受けることを狙ったものが多く、特にここ1年ほどスコア至上主義と言わんばかりでインフレしており、実際に使ってみると「数値ほどじゃない」「イマイチだ」と思う機種も出てきていると感じます。

 OPPO Find X2 Proをここ数日、静止画撮影で使ってみた限りにおいては、今風な中華スマホ的とは感じるものの、個人的に受け入れがたいと感じていた部分が、一部マイルドになっており、比較的バランスが良いだろうと思います。

 カメラは高性能でいて、日常的に使いやすいです。手ブレでの撮影失敗もほとんどありません。他機種ではとてもAIに任せっぱなしにできないのが、それと比べれば本機はまだ(夜景以外は)控えめなので、まあ任せても大丈夫かなと感じる人は少なくなさそう。

 国内では2020年7月22日にauから発売されます。クセの強いColorOSやFeliCa非対応など弱点も抱えていますが、それらを問題としないのであれば、本機は今夏ハイエンドの中でも特筆に値する機種だと思います。

KDDIの最新端末をチェック
au Online Shop