120Hzに改良!Black Shark 3Sが正式発表 すまほん!!

 Xiaomi系スマートフォンメーカーBlack Sharkは、最新ゲーミングスマホBlack Shark 3Sを正式発表しました。Black Shark 3Sは、今年3月頃に発表されたBlack Shark 3の改良モデルとなります。筐体サイズや主なスペックはどちらも同じ。

 ディスプレイは6.67インチの有機EL。前モデル同様、タッチサンプリングレートは270Hz。

 ディスプレイリフレッシュレートは、前モデルの90Hzから120Hzに変更。リフレッシュレートが高ければ高いほど、なめらかに描写することができます。そのため、視点の切り替えが多いゲームではより快適にプレイすることができるでしょう。ハイエンドスマホやゲーミングスマホでは120Hzが主流となっており、大きな改善点です。

Sponsored Link

 その他、Black Shark 3Sからは、全てのモデルでLPDDR5メモリにUFS3.1ストレージを搭載しています。

 背面にはデュアルカメラと深度センサーを搭載。デュアルカメラはそれぞれ6400万画素のメイン、1300万画素の超広角となっています。

 前モデル同様、搭載SoCはSnapdraogn 865。バッテリー容量は、4720mAhで急速充電は最大65W、端末背面のマグネット充電ポートでは最大18W。

 その他スペックは以下の通り。

Sponsored Link
OS Android 10.0
CPU Snapdragon 865
メモリ 12GB
容量 128/256GB
画面 6.67型 (1080 x 2400 )
カメラ 6400万画素+1300万画素+500万画素(深度)
インカメラ 2000万画素
電池 4720mAh 
寸法 168.7 x 77.3 x 10.4 mm,222 g
その他 65W急速充電、18Wマグネット充電、画面内指紋認証

  中国国内では8月4日に発売開始となる。価格は以下の通り。

  • Black Shark 3S(メモリ12GB、ストレージ128GBモデル):3999元(日本円で約6万600円)
  • Black Shark 3Sメモリ12GB、ストレージ256GBモデル):4299元(日本円で約6万5200円)