シャープ、ローカル5G対応ルーター試作機を発表! すまほん!!

 SHARPは、ローカル5Gに対応したルーターの試作機を開発したと発表しました。

 5G通信は、2020年3月より携帯各社が商用サービスを展開しています。ネットワークは携帯キャリアが構築するものと思われがちですが、ローカル5Gは企業や自治体が構築できる5Gネットワークです。

 施設や建設現場、医療、工場、農場など、特定エリア限定で高速大容量、低遅延、多数同時接続の5Gネットワークを構築可能。既にWi-Fiでやっているようなことを、Wi-Fiよりも広いエリアで展開できるイメージですね。

 このローカル5G対応ルーターを介してカメラやFA機器、各種センサーなどをローカル5Gのネットワークに接続可能。受信時最大約3Gbps、送信時最大約600Mbpsの超高速データ通信に対応。Wi-Fi6や2.5GBASE-TのLANポートも搭載します。電池容量は4000mAh。仕様や見た目、寸法などから、ベースモデルは既存の5Gモバイルルーターでしょうか?

Sponsored Link

(今年シャープが発表会でお披露目した5Gモバイルルーター)

(ドコモからはWi-Fi STATION SH-52Aの名称で投入された5Gモバイルルーター。さて、ローカル5Gルーターの販路は?)

 また、今回のローカル5Gルーターは、ローカル5G周波数として「28.2-28.3GHz」および今後の割当てが検討中の「28.3-29.1GHz」「4.6-4.9GHz」にも対応しているといいます。

 本機はローカル5Gの実証実験やネットワーク検証用として2020年9月以降に提供開始とのこと。今回はあくまで試作機なので、具体的な販路や価格は今後改めて発表されることでしょう。

AQUOSスマートフォンをオンラインで購入する。(解説
ドコモ au SB Y! UQ 楽天