Appleのサブスクをひとつに。「Apple One」がソースコードからリーク すまほん!!

Apple 新製品発表会のロゴ

 Appleが、Google PlayストアでAndroid向けに公開している「Apple Music」アプリのソースコードから、Appleが準備している新サブスクリプションサービスである「Apple One」が確認されました。

 この情報を確認したのは、AndroidなどのGoogle関連の情報に定評のある9to5Googleです。同サイトによりますと、Google Playストアに公開された最新版のApple Musicアプリの内部ソースコードから、「Apple One」の名称が複数発見されたとのことです。

 ソースコードの情報では、「Apple MusicのサブスクリプションはApple Oneに含まれており、両方のサブスクリプションが請求されることはありません。」との記述が確認されたほか、「iPhone、iPad、Apple TVまたはMacを利用してサブスクリプションを管理できます」とも書かれていたことがわかっています。

 これらの記述から、Apple OneのサブスクリプションにはApple Musicが含まれていることがわかります。また、Apple OneのサブスクリプションはApple製品の端末のみで管理でき、Android端末などの機器からは管理できないことも確認されました。

 このApple Oneに関しては、以前も9to5MacによってiOSのベータ版から情報がリークされています。これらの情報からは、Apple OneのサブスクリプションにはApple MusicApple News+Apple TV+が含まれることがわかっていました。

 この3つのサブスクリプションを個別に購入すると、合計で30ドル (約3200円)となるため、複数のサブスクリプションをひとつにまとめて価格を抑えることによって、サービスの利用者をさらに増やそうとする狙いがあるとみられます。

Sponsored Link

 ただ、日本国内ではApple News+はサポートされていないため、国内ではサブスクリプションの内容もしくは価格が一部変更される可能性もあります。

Apple News+は雑誌・新聞の読み放題サービス

 今回のリークでは、正式な発表日や価格はわかりませんでしたが、2020年9月16日午後2時(日本時間)よりオンラインで開催されるApple公式の製品発表イベントにて正式に発表されることが予想されています。