「Huawei Mate 40 Pro」公式画像がリークされる。円型カメラ突起を確認 すまほん!!

 独WinFutureは、Huaweiの次期ハイエンドファブレット「Huawei Mate 40 Pro」の公式レンダリング画像をリークしました。

 記事記名はRoland Quandt氏。情報協力は別のリーカーのTeme氏。Roland Quandt氏が発表が間近に迫った機種の公式レンダリング記事をWinFutureに書く時は、メーカーが小売店等に情報を渡した段階であると考えられ、機種の最終仕様は固まっていることから、高い精度となるのが恒例です。

 ディスプレイは6.76インチのOLED、解像度は2772×1344pixel。左右エッジが強く湾曲しているため、前面から見ると狭額縁の印象が強まっています。指紋認証センサーは画面内。

 背面カメラは円形のデザインに。広角5000万画素、超広角2000万画素カメラ、1200万画素光学5倍望遠の三眼。AF、色温度センサー、LEDフラッシュもあります。

Sponsored Link

 電池は4400mAh、急速充電は65W。筐体は幅75.5mm、厚さ9.1mm、重量212g。

 実行メモリは8GB、ストレージは256GB、SoCは5nm HiSilicon Kirin 9000。調達できた数量は限られていると見られます。Android 10を採用するもGMS(Googleモバイルサービス)には非対応。米制裁を考慮し、WinFutureは本機がHuawei最期のラインナップかもしれないと注釈を加えています。10月22日の新製品発表会でお披露目される見通し。