ソニーと共同開発した5000万画素「IMX766」搭載、「OPPO Reno5 Pro+」正式発表 すまほん!!

 中国OPPOは、12月24日同社最新フラッグシップモデルOPPO Reno5 Pro+を正式発表しました。OPPO Reno5 Pro+は、5000万画素のSony製最新イメージセンサー、IMX766を世界で初めて搭載するスマホです。OPPOはこのカメラセンサーをSonyと共同開発したと謳っており、Huaweiがそうしていたように特注品であることが伺えます。

 OPPO Reno5 Pro+は背面にクアッドカメラを搭載。クアッドカメラの詳細は5000万画素のメイン、1300万画素の望遠、1600万画素の超広角、200万画素のマクロカメラとなっています。通常モデル「Reno5 Pro」では800万画素であった超広角カメラが、本モデルでは1600万画素に強化。

 前述したIMX766はメインカメラに採用。センサーサイズは1/1.56型。Huaweiの1/1.28型にこそ及ばないものの大きなセンサーサイズです。このカメラハードウェアの恩恵もあってHDR動画撮影も強化、逆光下でもリアルタイムに優れた合成処理が可能といいます。

逆行下HDR録画

 手ブレ補正はOIS・EISを両搭載した「超級防震3.0」。2x2OCLによるPDAFにも対応、動画撮影中にタッチした被写体を認識、対象の移動中もフォーカス追尾が可能。ボケ処理を入れる夜景ポートレート撮影にも対応します。

 筐体は薄さ約7.99mm、重量184g。防指紋と光沢を両立する、ピラミッド型結晶構造による背面加工はOPPOの特許取得済みとのこと。

 ディスプレイは6.55インチのパンチホール式で、リフレッシュレートは最大90Hz、タッチサンプリングレートは180Hz。HDR10+認定やDolbyAtmosにも対応。SoCはQualcomm Snapdragon 865 5Gで、3次元液体冷却システムも搭載。バッテリー容量は4500mAhと大容量ながらも、独自規格の急速充電SuperVOOC 2.0による65W急速充電にも対応。

 中国国内では、2021年1月18日より予約開始、発売日は1月22日。価格は以下の通り。

  • OPPO Reno5 Pro+(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル):3999元(日本円で約6万3200円)
  • OPPO Reno5 Pro+(メモリ12GB、ストレージ256GBモデル):4499元(日本円で約7万1200円)

 その他スペックは以下の通り。

OS Android 11, ColorOS 11.1
CPU Snapdragon 865
メモリ 8/12GB
容量 128/256GB
画面 6.55型 (1080 x 2400)
カメラ 5000万画素+1300万画素+1600万画素+200万画素
インカメラ 3200万画素
電池 4500mAh
寸法 159.9 x 72.5 x 7.99 mm,184g
その他 急速充電65W、画面内指紋認証
中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP

(編集・校閲: あいばら)