OPPO Reno5 Pro+は「Sony IMX766」搭載、12月24日に正式発表か すまほん!!

 中国OPPOは、12月24日に同社最新フラッグシップモデル、OPPO Reno5 Pro+を正式発表する見通しです。それに先立って、複数の情報源から、筐体デザインやスペックが判明しました。

 ちなみに、OPPO Reno5 Pro+の位置づけは、今月発表されたOPPO Reno5シリーズの最上位モデルです。中国のSNSのWeibo上に、OPPO公式アカウントは2枚のティザー広告を公開しました。

 OPPO Reno5 Pro+は、世界で初めてSony製最新イメージセンサーIMX766を搭載することがわかります。

 また、中国著名リーカー「数码闲聊站」氏はOPPO Reno5 Pro+のカメラスペックなどをリークしています。それよると背面カメラはクアッドで、5000万画素のメインカメラ、1600万画素の超広角カメラ、1300万画素の望遠カメラ、200万画素のマクロカメラを搭載するということです。IMX766の詳細は明らかになっていませんが、5000万画素になるとのこと。

 同氏のリークやティザー広告の情報から、OPPO Reno5 Pro+の基本的なスペックも明らかになっています。SoCはQualcommのSnapdragon 865、ディスプレイは6.55インチの有機EL(2400×1080)。バッテリーは4500mAhで急速充電は最大65W。かなり期待の出来そうなスペックです。

 その他、中国データベースTENAA上でも、OPPO Reno5 Pro+とみられる端末が確認されています。

 筐体デザインは通常モデルOPPO Reno 5と似通っており、シンプルで洗練されたデザインですね。

 今月先に発表された、OPPO Reno5 5G/Reno5 Pro 5Gはあまり特色の無い、いまいちなスペックでしたが、OPPO Reno5 Pro+はIMX766を初搭載するスマホということもあり注目です。