噂:爆安「Redmi K40」シリーズ、スナドラ888搭載モデルも? すまほん!!

 近いうちに発表されると伝えられていた「Redmi K40シリーズ」が、2月25日にお披露目されると、Redmi公式Weiboが明らかにしました。

 新しいRedmiシリーズにはフラッグシップSoCのSnapdragon 888を搭載している機種も存在しているとAndroid Authorityは伝えています。

 RedmiのゼネラルマネージャーLu Weibing氏によると、Redmi K40シリーズは前世代のK30シリーズと同様、2999元(日本円で約4万8000円)から販売されるといいます。

 SDM888を搭載しながらも欧州価格€749(日本円で約9万5000円)の「Mi 11」シリーズと比べても半額水準とは驚き。正式発表までは鵜呑みは禁物といったところでしょうか。

 加えて同社は、新しくQualcommより発表されたミドルレンジのSnapdragon 7シリーズのSoCを搭載したスマートフォンも準備していると考えられています。前世代のRedmi K30はSnapdragon 730Gを搭載していたため、Android AuthorityはRedmi K40では後継となるSoCを搭載することを予想しています。伝えられている噂では有機ELディスプレイ、6400万画素のメインカメラ、5倍ズームを搭載するとも。

Sponsored Link

(Redmi K30 ProはSnapdragon 865を搭載していた)

 昨年、Redmi K30 Proは、Poco F2 Proとして中国国外で発売されました。そのため、Redmi K40シリーズのうち少なくとも1機種は中国国外でPoco端末として発売される可能性もありそうです。

 RedmiはXiaomiのサブブランド。日本国内市場にも「Redmi Note 9S」「Redmi 9T」「Redmi Note 9T」が投入されています。

中華ガジェット個人輸入の定番サイト
ETOREN(解説) Banggood(解説) GearBest(解説)
Geekbuying TOMTOP