SESAME 3 レビュー。解錠快適、手ぶら解錠も実用に すまほん!!

 昨年末に発表され、大人気であっという間に一次出荷が完売。二次も三次もあっという間に完売。そんな大人気のスマートロック、SESAME 3をゲットしました。レビューします。

開封

 今回購入したのはSESAME 3とWi-Fiモジュール。先にSESAME 3から紹介します。

 内容物はSESAME 3本体(電池・取付用テープ装着済み)、高さを調節するための金属パーツ、ドライバー、ネジ、予備テープ(2回分)、隠しシール、NFCタグ、説明書です。かなり充実している内容です。

 今回から、NFCタグまで同梱しているので、玄関に貼っておけば設定したスマートフォンをかざすだけで解錠することができます。もちろん、汎用のNFCタグでも利用可能です。

 SESAME 3の背面にはすでにテープがはられている状態で梱包されています。

 上部の蓋を開けると、電池が入っています。電池はPanasonic製のCR123A。Sesame miniと同様ですね。

 また絶縁シートが挟まっているので、利用開始前に抜きましょう。

 続いてWi-Fiモジュールを紹介します。

 内容物はWi-Fiモジュールと簡易説明書のみ。パッと見た感じではSesami miniと同様のものに見えますが……

 背面を確認すると、右下に大きく2の文字があります。今回新たに登場したWi-Fiモジュールは過去のSesame製品と互換性がないため、以前の製品を所持していても新たに買い直す必要があります。

 利用方法は適当なUSBのACアダプタに挿すだけ。オススメはiPhoneに付属していたアダプタ。サイズ感も近く、コンパクトです。

設置

 さて早速設置していきます。筆者の家の鍵は一般的な鍵のため、特別な作業は不要でした。もし、特殊な鍵の場合でもサポートに連絡すると、3Dプリンターで専用のアタッチメントを製作してくれるのもSesameの強いところ。

 しかし、仮合わせしてみると高さが若干足りていませんね。この場合は付属品の金属パーツを使って調節します。

 金属パーツを使う場合は、同じく付属品のテープを先に貼っておくと楽ちんです。

 テープを貼ったあとは飛び出たところを内側に折り、付属品の隠しシールを使って綺麗に隠すことができます。

 付属のドライバーとネジを使って丁度いい高さに固定したら完了。あとはテープを剥がし、良い位置に貼り付けるだけ。

 取付後はこんな感じ。扉の色と合ってませんが、黒色しか販売されていないのでやむを得ず。

 Wi-Fiモジュールは玄関の近い位置に挿しておくと接続が安定します。ペアリングする前は紫のようなピンク色が正解です。

 玄関近くのコンセントがかわいくなりました。

設定

 取付が終わり、絶縁シートを抜いたら設定を行っていきます。今回よりアプリがリニューアルし、以前とはまた別のアプリをインストールする必要があります。

 インストールしたら右上の+ボタンからSESAME 3を追加していきます。

 

 登録画面を見てびっくり、Bluetoothを用いておおよその距離が表示されています。登録したい鍵がすぐわかりますね。

 鍵の角度を調節します。実際にSESAME 3のサムターンを施錠・解錠の位置に合わせて、画面の固定するをタップします。これで初期設定は完了です。えっ?これだけ?簡単過ぎてちょっとびっくりですね。

 Wi-Fiモジュールも同様に右上から追加します。これは選ぶだけで登録完了です。超簡単ですね。

 SESAME 3をネットワーク経由で制御したり、リアルタイムで通知を受け取るにはWi-Fiモジュールにセサミを追加する必要があります。先程追加したWi-Fiモジュールの設定画面から、セサミを追加で、先程のセサミを追加します。ここには複数台登録できるので、例えば玄関の鍵が2個ある場合は2台購入し、紐付ければ2台同時に解錠する、といったことも可能です。

使ってみた

 さて、使用感を紹介する前に一つ前のSesami miniと比較して大きく変わったポイントを紹介します。

変更点

 外観はそのまま、内部部品は9割変更されたとのこと。そのため基本性能はもちろん、プログラムも大きく見直され、OSも新たにSesameOS 2を搭載したとのこと。

 これにより、従来は複数デバイスで同時に使おうとすると、Busy状態になり解錠までに時間がかかる問題がありましたが、SESAME 3では複数台のデバイスからの接続に対応。また、常時Wi-Fiにつながることで、よりスムーズに手ぶら解錠ができるようになりました。

 また、プログラムを大きく見直したことにより、履歴情報や、Apple Watchアプリの動作が安定して動作するようになったとのこと。

 そして一番大きなポイントとしてログインが不要になりました。従来はアカウントを作成し、それにデバイスを紐付けする必要がありました。また、友人などに鍵を貸す場合は友人もアプリをインストールしアカウントを作成する必要があり、手間を掛けていましたが、それも不要に。QRコードを送るだけで鍵を利用できるようになりました。

 ソフトウェアだけではありません。サムターン受けのパーツを強化したり、より耐久度の高い角度センサーに変更、モーターの耐久力の向上などなどより長く使える製品に改善されました。

使用感

 こんなに大きく変更されていると逆に動作が不安定なのでは?バグがあるのでは?と不安になるかと思います。しかし、数日使ってみたところ全く問題がありません。前機種のSesame miniと比較しても圧倒的なパフォーマンスの良さを実感しました。

 まず実感したのは手ぶら解錠。従来は手ぶら解錠の精度がイマイチで、意図せず解錠されたり、数分待っても解錠されなかったり、諦めてSesameで鍵を開けたあとに手ぶら解錠されたりとなかなか不便でした。しかし、常時SESAME 3がWi-Fiに繋がり、GPS情報をしっかりと活用するようになったことで、作動率は100%に近い値で動作してくれます。

 Apple Watchアプリも使おうとするとBusy状態が長く、鍵を開けるまでに時間がかかっていましたが、SESAME 3ではアプリが立ち上がってすぐ鍵を開けることができます。コレ!やりたかったのはコレなんだよ!と思わず叫びたくなるほど気持ち良いです。

 そしてなかなか開くことのなかったショートカットアプリのSesame。これも大きく改善しています。付属していたNFCタグにiPhoneをかざすだけで鍵を開けれるようオートメーションを設定。どうせ反応悪いんじゃないの?と思っていましたが、かざして1,2秒後には解錠されます。超気持ちいいですコレ。もちろんAndroidデバイスも対応しているのでご安心を。

 手ぶら解錠は近づくだけで解錠され便利、しかし、iPhoneをかざして開けるのもスマート。悩ましいですね。

惜しいところ

 スマートロックとしては完璧?に見えますが、使ってみると惜しいところがあります。

音声アシスタントやIFTTT、APIは非対応

 Google AssistantやAmazon Alexa、IFTTT、APIなど前モデルで対応していた機能にはすべて非対応になりました。そのためスマートスピーカーで解錠する、IFTTTでなにかをトリガーに鍵を開けたり、鍵をトリガーになにかを行うと行ったことはできなくなりました。要注意です。

カラーはブラックのみ

 現状カラーはブラックのみ販売されています。扉の色に合わせて選びたいところですが、贅沢は言えませんね。

総評

 機能良し、反応良し、価格良し!!買いです!!

 オタク的に惜しいところはあるものの、価格を見たらどうでも良くなるかと思います。スマートロック系は軒並み敷居が高く、価格もやや高いイメージがありますが、SESAME 3はログイン不要。選ぶだけで簡単に登録。誰でも簡単に使えます。そして価格。税込6,380円です。入力ミスではないですよ。6,380円です。Wi-Fiモジュールを追加しても税込8,558円と1万円を余裕で下回ります。この値段で家の鍵がスマートロックになるならかなり安いと思いませんか?

 しかし一つだけ大きな問題があります。あまりの人気に生産が追いついていないことです。執筆現在時にて注文すると、2ヶ月~3ヶ月待ちの大人気。また、表示されている納期より若干の遅れがあるのでご注意を。