Facebook、利用者約5億人分の個人情報が流出か。現在も閲覧可能な状態 すまほん!!

 全世界約5億3300万人分のFacebookユーザーの個人情報が、個人情報やリーク情報などを売買するハッキングフォーラム上で公開されていた事が判明しました。

 米Insiderによりますと、データは2021年4月3日に公開されていたとのこと。公開されたデータ内には、全世界106カ国、約5億3300万人分の電話番号、Facebook ID、氏名、居住地、生年月日、経歴、メールアドレス(一部のユーザーのみ)といった個人情報が含まれています。

 データは国別にダウンロードする事ができます。もちろん日本ユーザーのリストも表示されており、日本のデータ内には42万8625人分の個人情報が保存されているとのことです。

 筆者がサイトを確認したところ、アクセス集中によりサーバーに一時的に制限がかけられていましたが、何度か再読み込みしたところ、投稿が表示されました。

 しかし、他のページに遷移しようとするとアクセス制限がかかるほか、情報を閲覧するにはサイトに登録する必要があります。また、情報が公開された時点では、無料でデータを閲覧できる状態になっていたようですが、2021年4月4日20時現在、情報は有料公開になっています。サイトが重い上に登録が必要で、しかも有料なため、現在情報の表示はほぼ不可能な状態です。

 しかし、現在でも情報が削除されていないという事実は変わらず、多くのユーザーの情報が野ざらしにされています。

実際の様子(悪用防止のため一部にぼかし有)、8クレジット払うと閲覧できるようだ

 Facebookは各報道機関の取材に対して、「これらのデータは2019年以前の古いデータであり、流出した原因の脆弱性は既に修正済みである」と釈明しています。

 実際2019年には、誰でもアクセス可能なデータベースにFacebookの個人情報が公開されるといった事件が発生しており、今回公開されたのはそれと同一のデータであると予想されています。

 どちらにせよ、多くの個人情報が誰でも手に入る状況が続いており、同社サービスへの信頼度はさらに低下しそうです。

こんな記事も読まれています

Facebook、自社製OSを開発中か

Facebook、Android搭載スマートウォッチを2022年発売か

やはり超急速充電対応か?シャオミ次期旗艦「Mi 10 Pro」の実機画像が流出

日本なし。Pixel 4の「Motion Sense」機能動作国がリークされる