サムスンが新型「Galaxy Book」シリーズ4機種を発表 すまほん!!

 サムスン電子が、2021年4月28日に完全オンライン形式にて開催した新製品発表イベント「Galaxy Unpacked」にて、「Galaxy Book」シリーズと「Galaxy Book Odyssey」を発表しました。

Galaxy Bookシリーズ

 Galaxy Bookシリーズは、エントリー向けの「Galaxy Book(2021)」と、よりスペックを重視した「Galaxy Book Pro」「Galaxy Book Pro 360」の3つのモデルが用意されています。

デザイン

 Galaxy Book Pro・Pro 360は薄型のスタイリッシュなデザインが特徴です。ライバルの位置付けになるであろうAppleのMacBookシリーズは、丸みを持ったデザインなのに対して、Galaxy Bookは角があり、本体のラインがすっきりとしているのが特徴です。

 また、Galaxy Book Pro 360はディスプレイ部が360度回転する仕様のため、タブレットPCとしても使用可能。Sペンが同梱されており、追加で購入することなくタブレットとしての利便性を高められる点も特徴です。

 本体カラーは、Galaxy Book Proが、ミスティックブルーミスティックシルバーミスティックピンクゴールド、Galaxy Book Pro 360が、ミスティックブルーミスティックシルバーミスティックブロンズのそれぞれ3色で展開されます。

スペック

 エントリーモデルの「Galaxy Book(2021)」は、CPUにIntelの廉価CPU、Pentium GoldまたはCeleronを搭載。上位モデルの「Galaxy Book Pro」「Galaxy Book Pro 360」は、第11世代のIntel Core i3/i5/i7プロセッサーを選択可能となっています。

 上位モデル2機種に関しては、サイズによって選択可能なオプションが異なり、13.3インチ/Core i3モデルはグラフィックがIntel UHDグラフィックスのみであるのに対して、Core i5/i7モデルはIntel IrisXeを搭載。15.6インチモデルでは、NVIDIA GeForce MX450も選択可能です。また、13.3インチモデルはHDMIポート非搭載なのに対して、15.6インチモデルはHDMIポート搭載。逆に、13.3インチモデルはLTEに対応していますが、15.6インチモデルは非対応となっています。このスリムな本体に、USB-A端子を搭載しているのも大きなポイントです。

      

 そのほか、Galaxy Book ProにはFHDの有機ELディスプレイ、指紋認証センサー、microSDカードスロットを備え、拡張性も十分なものとなっています。

Galaxy Book Odyssey

 Galaxy Book Odysseyは、世界で初めてNVIDIAの上位グラフィックボード、GeForce RTX 3050 Tiを搭載した、サムスン最新のゲーミングノートパソコンです。

デザイン

 Galaxy Book Odysseyも、Galaxy Bookシリーズと同じように、シンプルですっきりとしたデザインが特徴です。他社のゲーミングノートパソコンのように派手でギラギラとした装飾はなく、落ち着いた黒色の本体で、とても好印象です。また、ゲーミングノートとしては比較的本体も薄く、軽量(1.85kg)となっています。

スペック

 Galaxy Book Odysseyは、キャッチフレーズ「Most Powerful Galaxy」の通り、最強のスペックを持っています。先述ように、グラフィックボードにNVIDIAのGeForce RTX 3050 Max-QまたはRTX 3050 Ti Max-Qを搭載。CPUにも11世代Intel Corei5/i7を搭載し、フルHDでも60fpsを超えるフレームレートで、快適にゲームをすることができます。実行メモリは8GBまたは16GBまたは32GBのDDR4xで、内蔵ストレージは最大1TBのSSDを搭載します。

 また、83Whの大容量バッテリーを搭載しており、バッテリー駆動でも長時間の使用が可能になっているほか、135WのUSB Type-C充電器も付属しており、高速充電が可能です。

総評

 今回発表されたGalaxy Bookシリーズは、全ての製品でサムスンらしいスタイリッシュなデザインがとても魅力的です。これまでに、Galaxy Bookシリーズが国内で一般向けに販売されたことはありません(Galaxy Book初代は法人向けに発売)が、ぜひ国内でも発売して欲しいものです。