3つ折りや巻取りも!サムスンが新技術ディスプレイ公開 すまほん!!

 サムスンディスプレイは、2021年5月21日まで開催される、世界最大規模のディスプレイ専門展示会「Display Week 2021」に先立ち、同社が開発した次世代技術を搭載する新たなディスプレイを公開しました。

 今回の展示会で同社が発表した新技術は、「S-foldable」と「Slidable」「UPC(Under Panel Camera)」の3つです。

 「S-foldable」は、以前から開発を示唆していた、3つ折り式のフォルダブルディスプレイです。折り畳めるポイントを3箇所持っており、使用する状況や場合に応じてディスプレイの大きさを調節して使用することができます。また、2つ折りと比較して、搭載できるディスプレイのサイズに対しての本体幅が小さいことも特徴です。

 「Slidable」は、画面が横に伸びるスライド式ディスプレイです。

 このディスプレイは段階的にサイズを調節することが可能とされており、これにより持ち運ぶ際にはコンパクトに、使うときは大画面に、と用途によって使い分けることが可能になります。この画面が伸びるタイプのスマートフォンは、他社でも開発が進められており、OPPOの「OPPO X 2021」のような巻き取り式スマートフォンも既に発表されていることから、競争はさらに激しくなることが予想されます。

 

 そして最後に、「UPC(Under Panel Camera)」。

 名前の通り、画面下カメラを搭載したディスプレイです。カメラがディスプレイ下に搭載されることにより、画面上部の無駄なベゼルが省かれ、よりスタイリッシュな外観になっています。UPCに関しては、ディスプレイによるカメラの画質や輝度低下が問題視されていますが、実際に製品化される際には、この問題は解決されるのでしょうか。

 このほかにも、Surface NeoやThinkPad X1 Foldのような、17インチディスプレイを搭載したモバイルPCも紹介されています。世界トップクラスのディスプレイメーカーの新技術に、今後の「Galaxy」シリーズにおける製品化も含めて、注目が集まっています。