Visa、日本でのApple Pay対応スタート。タッチ決済やSuicaにチャージも可能に。 すまほん!!

 本日より、Visaが日本のApple Payでも利用できるようになりました。対応発行会社はアプラス、Cedina、NTTdocomo、エムアイカード、クレディセゾン、ジャックス、三井住友カード、楽天カードのみ。

 今まで、日本国内ではVisaのカードをApple Payに登録すると、iDまたはQUICPayが割り当てられることで利用できました。しかしMasterCardやJCB、アメックスなどはApp内決済や、コンタクトレス決済(いわゆるNFC決済)にも対応していました。海外ではVisaも問題なくコンタクトレス決済に対応していたのですが、日本においてはFeliCaとの共存の独自仕様と嫌っている説があり、沈黙を貫いていました。

 しかしそれも本日を持ってさようなら。対応するカードであればApp内決済やコンタクトレス決済も利用できるそうです。「TOKYO 2020」に備えての解禁でしょうか?

 カードは自動的に情報が更新されVisaの利用が可能になるとのことですが、一度削除した後に再度追加しても利用できるとのことでした。

 筆者は三井住友のVisaカードを2枚所有していることもあり、早速試してみました。今回試したのはVisa LINE Payカードです。iPhoneのWalletアプリを開き、カードを確認します。カードにVisaマークがない、詳細を開き、デバイスアカウント情報にVisaの名前がなければ一度カードを削除します。

更新前の三井住友カード。

 削除したのち、カードを改めて追加します。カードを追加する場合は、サジェスト表示を無視し、他のカードを追加を選び、カード番号を再度入力します。アクティベートが完了されればOK。

 Walletアプリのカード詳細を開き、デバイスアカウント情報がiDまたはQUICPayに加えて、Visaの表記があればコンタクトレス決済やApp内決済が利用できるようになります。

 手始めにSuicaにチャージしてみました。従来では「このカードは利用できません」との表示でしたが、対応したカードでは普通にチャージできるようになっています。

 また、近所のスーパーでも試してみましたが、問題なく決済完了。レシートにもCL(コンタクトレス決済)の表記がありました。

 VisaはTOKYO2020のオフィシャル決済テクノロジースポンサーになっていることもあり、それを見据えてイオンやマクドナルド、コンビニ3社など多くの店舗で利用できるようになりました。しかし対応していたのは物理カードまたはGoogle Pay(デビットカード)のみでした。今回Apple Payにも開放されたことで、利用できるシーンがグンと広がり、店舗側も対応が必須になっていきそうですね。

こんな記事も読まれています

GalaxyでPCゲーム。PlayGalaxy LinkがGalaxy S10にも対応

DJI、199gの軽さを実現した「Mavic Mini」発表!

アメリカ、対Huawei制裁強化へ

中共機関紙、ファーウェイが鴻蒙OSスマホを3万円で発売すると報じる

ファーウェイ、極秘裏に北朝鮮の無線ネットワークを構築。証拠文書暴露

マジかよ!国内版iPhone XR、物理デュアルSIM化が可能

プレステ5、2020年末発売!コントローラーが進化