iOS15発表。2015年発売のiPhone 6sもアプデ対象に すまほん!!

 Appleは、WWDC21において、最新のモバイルOS「iOS 15」を発表しました。秋以降リリース予定。開発者ベータ版が配布中です。

 iOS 15では様々な機能が追加。FaceTimeは空間オーディオや人の声を優先するよう強化され、AndroidやWindowsでも利用可能に。

 さらに個人最適化された要約通知機能、各画像のOCR対応、家の鍵はもちろん社員証やチケットなどにもiPhoneを使えるUWBキー対応、SafariのデザインやWeather刷新など。

 iOS 15に更新可能な端末は以下の通り。

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (第 1 世代)
  • iPhone SE (第 2 世代)
  • iPod touch (第 7 世代)

 驚くべきは初代iPhone SEやiPhone 6s / 6s Plusが対象という点です。

 初代iPhone SEは2016年発売、そしてiPhone 6s / 6s Plusは2015年発売の機種なので、7年最新OSで使える機種ということに。iPhoneとして最長記録というだけでなく、スマートフォンとしてもおそらく(HTC HD2を除けば)最長ではないでしょうか。

 ただし、旧デバイスでは性能やセンサーの欠如から最新機能がすべて使えるとは限りません。Face IDを使うFaceTimeなど、いくつかの機能は制限される可能性があります。