次期「iPhone 13」が認証通過 すまほん!!

 Appleは2021年9月以降、iPhone 13シリーズを発売する見通しです。

 メーカーは発売までに各国、各地域の規制当局に電波認証を取得するため、発表前に発売の兆候が見られます。

 ユーラシア経済連合 EECは暗号化技術を使用するすべてのハードウェアにデータベース登録を求めており、Appleは複数のスマートフォンを認証通過させたとConsoMacが伝えています。

 通過したモデルの型番はA2628、A2630、A2634、A2635、A2640、A2643、A2645。これらは通過時点でのソフトウェアバージョンはiOS 14。

 噂では、AppleはiPhone 13シリーズを抜本的には変更せず、iPhone 12シリーズを踏襲。しかしノッチは小型化し、ハイエンドの6.1インチ、6.7インチのiPhone 13 Proは120Hz対応ディスプレイを搭載すると伝えられています。Proも非Proも全てA15プロセッサを搭載。

 なお、この世代では5.4インチのiPhone 13 miniが存在するものと見られますが、Ming-Chi Kuo氏は、iPhone miniは2022年に廃止されると予測しています。

こんな記事も読まれています

超当たる専門家「iPhone 13は画面内に指紋認証」「狭額縁な『iPhone SE3』は電源ボタンに指紋認証を搭載」

噂:iPhone 14シリーズはパンチホールデザイン採用か。Kuo氏レポ

販売不振の「iPhone 12 mini」製造終了か。12s miniはLiDARスキャナー非搭載

2021年Barclays予測:iPhone 13は「Wi-Fi 6E」対応、大画面iPhone SEは投入されず

噂:ハイエンドiPhoneへのTouch ID復活は2022年か