Galaxy S22 Ultra(実質Note22 Ultra?)のSnapdragon 8 Gen 1搭載版がGeekbenchに登場 すまほん!!

 Samsungが開発中とみられる、スタイラスペンを内蔵できるフラッグシップスマホ、「Galaxy S22 Ultra」ないし「Galaxy Note22 Ultra」のGeekbenchスコアが登場しました。GSMArenaが伝えました。

 それによると、Geekbenchから確認されたのは「SM-S908N」と「SM-S908U」の二種類で、いずれもQualcommが先日発表した「Snapdragon 8 Gen 1」を採用。同メディアはおそらく前者が韓国向け、後者が米国向けであるとしています。画像から、韓国版はメモリ10GBのものが、米国版は8GBのものが少なくとも存在することがわかります。

 そして、Snapdragon 8 Gen 1を採用するGalaxy S22 Ultra (Note22 Ultra)のGeekbench 5スコアはシングルが1219、マルチが3154。Snapdragon 888などと比較してシングルスコアは同等か微増程度に収まっています。一般に、未発表端末のGeekbenchスコアは調整が完了していないということもあってか、当然ながら正式発表時のそれより低くなっていることは多々あります。

 ちなみに、1か月ほど前にはSamsungが独自に開発し、AMDと提携して強力なグラフィックを提供するとされている「Exynos 2200」を搭載するとされるスマホのスコアが投稿されていました。

 こちらは最もクロックが高いはずのコアが2.5GHzまで抑制されており、マルチスコアは今回のスコアと互角ですがシングルスコアは650代と、Snapdragon 765Gと同等程度のスコアとなっていました。

 GSMArenaはまた、Geekbenchからメモリ8/10GBのモデルが確認された一方で、12/16GBのモデルが存在するとのリークも紹介しています。

 次期Samsungのフラッグシップスマホについては、Noteシリーズを廃止し、いわゆる「Note20 Ultra」の後継に位置するスマホがSamsungのもう一つのハイエンドシリーズ「Galaxy S22 Ultra」を乗っ取り、名前を変える形となる、といくつかのリーカーが主張しており、一部のリーカーはそれを真っ向から否定するなど、名前について様々な意見憶測が飛び交っています。ただしGalaxy S21 Ultraの系譜を継ぐ製品が一切リークされていないあたり、最上位機種の統合は免れなさそうです。

 現在いくつかのリーカーからリークされている情報などをまとめると、Galaxy S22 Ultra(Note22 Ultra)は地域によってExynos 2200またはSnapdragon 8 Gen 1を搭載、スタイラスペンを内蔵しカメラ部はほとんどでっぱりのなくシンプルなデザインで、全体的に直線的なデザインとなるようです。

 ただし本体下部のベゼルについてはGalaxy S22+の方が小さいというリークもあり、そのため「Galaxy S22+がSシリーズの中で最も美しい」などという意見も。

 Galaxy S22シリーズは来年の2月に発表予定と噂されており、まだまだ猶予がある状態。どのような形となるか、続報に期待したいです。