噂:iPhone 14は高駆動「非対応」。Proシリーズのみ対応を継続か すまほん!!

 巨大なノッチがついにパンチホールになるなど様々な噂やリークが流れているiPhone 14シリーズですが、ディスプレイに関する情報がリークされたようです。Macrumorsが伝えました。

 情報源はディスプレイ関連を専門とするリーカーのRoss Young氏。同氏はTwitterにて、iPhone 13 Pro/Maxなどが対応する、最大120Hzの表示に対応するProMotionテクノロジーに関して、供給面の問題からiPhone 14では現行と同じく、ProおよびPro Maxのみの採用となることをリークしています。

 現在、iPhoneの有機ELディスプレイを提供しているのはSamsung DisplayとLG Displayに中国BOEの三社。同氏によるとBOEのLTPOディスプレイの生産能力や品質がまだAppleの求める基準に達していないとのこと。

 LTPOはiPhone 13 Pro/Pro Maxに採用されており、コンテンツに応じてリフレッシュレートを変動することができ、消費電力を低く抑えることが可能。可変リフレッシュレートに対応せず、BOEには一般的な120Hzディスプレイを提供させればよいのでは?と思いましたが、同社はこれまでもAppleの求める品質を満たせず、また完成時に正常動作する部品の割合といえる歩留まり率がかなり低かったと伝えられていました。

 iPhone 14シリーズは長年のiPhoneの象徴だった巨大ノッチをついに撤廃、Huaweiのような丸薬(カプセル)型パンチホールと一般的なパンチホールという構成になるとのこと。

 また、日本以外でのシェアを獲得できなかったminiは登場せず、代わりに大画面のiPhone 14 Maxが登場すると噂されています。8万以上するハイエンドスマホがいまだに60Hzでいいのか、とつくづく感じます。

こんな記事も読まれています

噂:iPhone 14シリーズはパンチホールデザイン採用か。Kuo氏レポ

iPhone 13 Proの図面がリーク!ノッチ小型化へ

AppleのXR眼鏡は食品のカロリー量などを認識する?

噂:指紋認証と5Gに対応した「iPhone SE 3」、2022年春登場か。