噂:驚愕のOSアプデ「4世代」保証?Galaxy S22/S21なども対象か、Android界ぶっちぎりの長期アプデに すまほん!!

 Samsungの新製品発表会は、日本時間2022年2月10日に開催され、「Galaxy S22」シリーズや「Galaxy Tab S8」などが発表される予定です。発表を直前に控え、新たなリーク情報が飛び込んできました。

 PhoneArenaでライターを務めるJoshua Swingle氏は、自身のTwitterに、Samsung公式プレスリリースのスクリーンショットと見られる画像を公開。4世代にわたるOSアップグレードをサポートする旨の文言が発見されました。

 以下の様な記述があります。

Galaxy Tab S8シリーズは、ユーザーに最高のモバイルパフォーマンスと体験を提供するという約束の一環として、最大で4世代にわたるAndroid OSアップグレードと5年間のセキュリティアップデートを予定しています。

 その下には対象機種も書かれています。対象機種は以下の通り。

  • Galaxy S22シリーズ
  • Galaxy S21シリーズ
  • Galaxy Tab S8シリーズ
  • Galaxy Z Fold3 5G
  • Galaxy Z Flip3 5G

 このリーク情報から、Galaxy Tab S8シリーズやGalaxy S22シリーズだけでなく、昨年発表されたフラッグシップ端末に関しても、4世代にわたるAndroid OSアップデートと、5年間のセキュリティアップデートが行われる可能性があることが判明しました。

 この情報をもとに推測すると、発表予定のGalaxy S22シリーズ・Galaxy Tab S8シリーズはAndroid 16まで、Galaxy S21シリーズ・Galaxy Z Fold3 5G・Galaxy Z Flip3 5GはAndroid 15までアップデートが提供されることになります。

 Androidを開発するGoogleが手がけているPixelシリーズでさえ、保証されているAndroid OSのアップデートは3回であり、6年間にわたりOSアップデートを提供し続けている「Fairphone 2」など特殊な例を除けば、GalaxyシリーズはAndroid市場で最もサポート期間の長いデバイスになりそうです。

 近年では飛躍的にスマートフォンのパフォーマンスが向上しており、アップデートを重ねるごとに多くの新機能が追加されても、安定した動作が行える様になっています。端末の長期サポートは、ユーザーにはとても大きなメリットですが、新しい端末を購入して欲しいメーカーにとってはメリットがない様にも見えます。

 しかし実際は、長期サポートがあるほどユーザーの信頼度が高まり、次の端末も同じメーカーのスマートフォンを選択する可能性が高くなります。今後発売するデバイスでも、そういったサポートをさらに拡充して欲しいですね。