公式アプリ「Keys Cafe」で自分好みのキーボードにカスタマイズ:Galaxy Tips すまほん!!

 最近では、スマートフォン外側よりも内側、テーマデザインにとことんこだわり、アイコンやアニメーションなどを自分好みのものに変更しているユーザーもいます。

 それはスクリーンキーボードでも例外ではなく、キーボードの背景を推しの画像にしたり、色を変えたりなどのカスタマイズが行えるようになっています。

 しかし、多くの端末ではシステム標準キーボードのカスタマイズには制限があり、悪名高い「Simeji(百度製)」などのサードパーティーアプリを利用するユーザーも多いのが現状です。

 そこで今回は、キーボードのデザインを細かく設定できる、Galaxy専用純正キーボードカスタマイズアプリ「Keys Cafe」をご紹介します。

Keys Cafeとは?

 Keys Cafeは、Galaxyシリーズの開発・販売を行なっているSamsungが、海外向けに公式に配信している純正のキーボードカスタマイズアプリです。Samsungは、Galaxy端末向けに、端末のテーマやアニメーションなどを幅広く設定できる「Good Lock」モジュールを提供しており、Keys Cafeはそのうちの一つです。

 現在販売されているGalaxy端末には、初めから「Galaxy Keyboard」と呼ばれる純正スクリーンキーボードが設定されています。Keys Cafeは、このGalaxy Keyboardのデザインを、とにかく細かく変更することができます。

 このアプリを利用して変更できるのは、主に以下の設定です。

  • 背景テーマの変更
  • キーボード色の変更
  • 文字色の変更
  • (アニメーションの変更)
  • (キーボード配置設定)

 なお、アニメーションの変更・キーボードの配置設定に関しては、筆者の環境では設定を行なっても反映されませんでした。アニメーションの設定は、国内版Galaxy Keyboardアプリでは非対応である可能性が高いと考えられます。

 また、Android 9以前を搭載したGalaxyや、One UIのバージョンが古いGalaxyでは動作しない可能性があります。当記事では、au版Galaxy S10を使用して検証を行なっています。

インストール方法

 Keys Cafeは、海外向けGalaxy Storeで配信されていますが、日本のGalaxy Storeでは残念ながら配信されていません。そのため、インストールには、他サイトからAPKファイルをダウンロードする必要があります。多くの配布サイトで配信されているAPKファイルは、開発者が公式に配信を行なっているものではなく、ウイルスやマルウェアなどに感染している場合がありますので、導入は自己責任で行なってください。ダウンロードやインストールによって損害などが発生した場合でも、いかなる責任も負いません。

APKファイルの入手

 APKファイルは、「Keys Cafe APK」と検索すればヒットしますので、配信サイトからダウンロードできます。なお、比較的利用者が多く安全と言われているのは、「APK Mirror」やSamsungの情報を専門に取り扱うニュースサイト「SamMobile」であり、筆者はAPK Mirrorを使用しました。なお、上記のサイトからダウンロードを推奨するものではありません。

 また、ダウンロードするAPKファイルのアプリバージョンは、1.0.02.8より前のものである必要があります。これより先のバージョンでは、Android 12が必須であり、国内版Galaxyの多くがまだAndroid 12アップデートを受信していないため、このバージョンを利用することができません。この記事では、バージョン1.0.02.8を使用しています。

インストール

 APKファイルをダウンロードしたら、ファイルを開き、インストールに進みます。インストールの際に、セキュリティー警告が出ますので、設定から一時的にインストールを許可し、インストールを続行します。なお、この設定はインストール完了後に、設定>生体認証とセキュリティ>不明なアプリをインストールから、該当アプリの設定項目を必ずオフにしてください

デザインの変更

 Keys Cafeのインストールが完了したら、アプリを開きます。なお、日本語には対応していません。デザインの変更は、「Style your own keyboard」欄から行うことができ、タップすると一番上に「My Themes」が表示されますので、+を押して新しいデザインを作成します。

キーボード背景の変更

 キーボードの背景を変更するには、写真のアイコンが大きく吹き出しているボタンをタップします。画像選択画面が表示されますので、自分の好みの画像を設定します。なお、画像のアスペクト比は自動でキーボードのサイズに調節されるため、画像比率が合っていない画像を登録すると画像が縦長や横長になります。ですので、あらかじめ4:3くらいに画像を切り取っておくと綺麗に表示されます。

キーボード文字色の変更

 キーボードの文字色は、4つの項目に分けてそれぞれ変更できます。それぞれ、変更したい箇所の付近の赤い丸をタップすることで変更することが可能です。設定ではQwertyキーボードが表示されていますが、適用後は日本語キーボードにも同じ構成のテーマが適用されます。

 スペースキー下部を選択すると、メイン入力部分の文字色を変更することができます。選択するとカラー調節画面が表示されますので、好みの色に設定します。「Saturation」バーをスライドすると、色の鮮やかさが変更できます。

色の設定画面

 「!@#」キー下部を選択すると、キーボードの入力以外の部分の色を変更できます。これに関しても変更方法は先ほどと同じです。

 画面上部の「W」が大きく表示されている部分の、文字上に青い点がある付近を選択すると、キーボード入力時に浮き出て表示される、現在入力している文字ポップアップの色を変更できます。

個別キーの背景変更

 Keys Cafeでは、全体背景の他に3箇所、カラーや画像を設定できる場所があります。

 まずは、キーひとつひとつの背景。数字キーやスペースバーなどの主要キー背景に、設定した色または画像が表示されます。ただ、こちらの設定に関しては、画像を設定することはお勧めできません。というのも、スペースバーや他のキーに合わせて画像の比率が変更されるほか、キーごとに別の画像を配置することができないため、キーボード画面がカオスになります。一方、カラーを設定するといい感じに仕上がります。こちらは、色彩設定のほかに、透明度の設定も可能です。

 次に設定できるのは、キーを押したときの背景色・画像です。こちらは、先程の設定と違って、常時表示されるものではないため、画像を設定してもあまり見にくくはなりません。ただ、画像は四角のままで、角取りなどはされません。角丸にしたい場合は、自身で比率の合う背景透過済みの角丸画像をPNG形式で用意し、設定するのがいいと思います。

角丸画像設定の例。インナーシャドウをかけると沈み込むように見せられる。

 そして、最後に設定可能なのは、キーを押したときに出てくる現在入力中の文字の部分の背景です。この背景部分にも、画像が適用可能です。もちろんカラーの設定も可能で、透過率も設定することができます。

テーマの適用

 テーマの編集が一通り完了し、自分好みのものになったら、テーマを本体に適用します。詳しくは後述していますが、端末の設定がライトモードになっていることをあらかじめ確認しておいてください。

 テーマの保存は、画面上部の保存アイコンをタップすることで行えます。タップすると、テーマ名の入力が求められますので、適当な名前を入力し次へ進みます。保存が完了すルト、「My Themes」一覧に表示されますので、保存したテーマをタップし、チェックマークがついたら適用完了です。画面右上のキーボードマークを押すと、適用したテーマの確認ができます。

筆者が普段使用しているキーボード。センスはありません。

注意点

 Keys Cafeで設定を行うにあたり、いくつか注意すべき点があります。

 まず、ダークモードに設定した際には、自分が設定したテーマが無視される点。海外版端末のGalaxyキーボードはどのように動作するか不明ですが、国内版でキーボードテーマを設定した上でダークモードにすると、キーボードのテーマ設定を無視した、暗いテーマが適用されます。もちろん、ライトモードにすれば自身の設定したテーマが表示されます。

 次に、一度保存したテーマは、もう一度編集することができない点。一度保存を行うと、その後の編集をすることができません。そのため、テーマの手直しをしたい際には、再度一からテーマを作り直す必要があります。これに関しては不便すぎるため、今後のアップデートで編集できるようになる可能性もあります。

他の機能(暫定利用不可?)

 筆者環境では設定できないため、国内版では利用できないと思われますが、Keys Cafeにはまだまだ設定できる項目があります。

キーボードのサイズや文字の変更

 キーひとつひとつの横幅や高さ、キーの数、中の文字の大きさなど、細かく調整することができます。また、任意のキーを増やしたり、定型文を設定することもできます。定型文は、自分の好きな文字をたくさん登録できるので、メルカリのコメントなどにも便利そうです。

「理系・物理選択専用キーボード」

タップ時のエフェクト

 キーをタップした際のアニメーションやエフェクトを追加・変更できます。エフェクトにはたくさんの種類があり、これも設定できたら楽しそうです。

まとめ

 Keys Cafeは、痒い所に手が届くどころか、必要か?と思ってしまうほどの変更までできるカスタマイズモジュールであり、スマートフォンのカスタマイズにとことん時間をかけたい方にはぴったりです。皆さんはどんなカスタマイズをするのか、センスの全くない筆者にとってはとても気になります……。

 ただ、国内版では完全な機能が使用できない点については疑問も。外国で購入すると機能のたくさんあるスマートフォンが、国内で購入すると機能が制限されたスマートフォンが、と、ほぼ同じ金額を払っているにもかかわらず差があるのは、不平等な気がします。Keys Cafeを含めたGood LockモジュールやSamsung Payが、国内でも他国と同じように平等に使用できるようになることを願っています。