新型「iPhone SE 5G」登場か、現行機値下げの指摘も? すまほん!!

 Appleは3月の新製品発表会にて新型iPad Airや第3世代iPhone SEを発表するとみられていますが、その一方で恒例の既存モデルの値下げも行うかもしれません。Apple製品に非常に強いBloombergのMark Gurman氏が伝えています。

 それによると、Appleは3月に「iPhone SE 5G」を発表したタイミングで、現行のiPhone SEを199ドルまで値下げするべきだと指摘しています。

 「ごく安価にiPhoneもどきを提供する」という意味を持っているiPod touchの後継という立ち位置も持たせるため、そしてもう一つはインドをはじめとしたAndroidの支配が大きい新興市場に食い込む足掛かりとするため。

 2年前、iPhone SEの製造にかかるコストはおよそ200ドルであると伝えられていたようですが、時間の経過によりコストは比較的抑えられているはずです。安価Mark Gurman氏は、十分な完成度とスペックを持つiPhone SEの199ドルという価格は先進国のみならず端末の平均販売価格が196ドルであるインドなどでも強い商品価値を持つだろうとし、iPhone SE 5G登場前に値下げすべきと述べました。