ソニーが値上げ。カメラやオーディオなど「最大31%」増、4月から すまほん!!

 ソニーマーケティング株式会社は、2022年4月1日から日本国内向けに販売している一部製品のメーカー出荷価格を改定すると発表しました。価格改定率は約3~31%増。

 半導体不足をはじめとする「外部環境の影響」を受けて、原材料費、製造・物流コストの高騰を踏まえた措置。

 メーカー希望小売価格を設定している製品は、希望小売価格の改定を実施するとのこと。

 値上げ対象となる分野はサウンドバー、ホームシアターシステム、コンポーネントオーディオ、ブルーレイディスク/DVDプレーヤー、デジタル一眼カメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラ、プロフェッショナルカムコーダー、ヘッドホン、ポータブルオーディオプレーヤー、アクティブスピーカー、ネックスピーカー、ラジオ、AVアクセサリーなど。

こんな記事も読まれています

キヤノン、中国カメラ工場撤退か。原因は「デジカメ市場縮小と新型コロナ」

マイナーチェンジ。何が違う?Surface Go 3・Surface Pro X「Wi-Fi版」

米国チップ製造のネオンを9割供給。ロシアによるウクライナ全面侵攻、半導体不足に影響する可能性浮上

ソニー、歴代ケータイ/スマホを展示する特設コンテンツを公開中

MeizuとSonyがまさかの提携。中国版Xperiaにアプリ提供へ