「Galaxy Watch5/Watch5 Pro」、国内版発売の可能性濃厚。技適確認 すまほん!!

 Samsungが2022年8月10日に発表した、同社最新のスマートウォッチ「Galaxy Watch5」「Galaxy Watch5 Pro」に関して、同端末のものとみられる型番が、総務省の技術基準適合証明を通過したことがわかりました。

 今回確認されたのは、型番が「SM-R910/X」「SM-R920/X」のSamsung製デバイス。いずれも、既にグローバル向けに発表済みの「Galaxy Watch5」および「Galaxy Watch5 Pro」の型番と一致します。

 詳細ページに添付されている一部のPDFには、デバイスの設計を示す画像も添付されており、構造などから今回認証を通過したデバイスはスマートウォッチであることがわかります。

(画像出典:総務省電波利用ホームページ)

 また、Galaxy Harajukuなど一部の場所で既に展示が開始されている「Galaxy Watch5」にも、端末のソフトウェア概要に記載されている法的情報内に、技適マークの表示が確認されています。

 Samsungの国内向けウェアラブル端末は、海外での正式発表後に総務省の電波利用ホームページ内のデータベースで表示されるようになることが多く、今回も2022年6月8日に認証を通過しています。これらを踏まえると、同2端末が国内で販売されることはほぼ確実であると見られます。

 なお、現行のGalaxyWatch4シリーズには、LTEモデルがauより販売されていましたが、「Galaxy Watch5」シリーズにおいては、現段階で認証の通過は確認できていません。