P50 Proから変化ナシ?次期ファーウェイ「Mate 50 Pro」のカメラ構成がリークされる すまほん!!

 Huaweiは、カメラに注力した旗艦スマホシリーズ「Huawei Mate 50」シリーズを9月に発表する予定ですが、直前になってカメラに関するスペックがリーカーの数码闲聊站氏によりリークされています。

 同氏がWeiboに投稿したところによれば、Mate 50 Proはカメラに5000万画素のIMX766と4000万画素モノクロのIMX600、6400万画素で望遠を担うOmnivision製のOV64B、1300万画素で超広角のIMX688の4眼で構成されているとのこと。

噂をもとに制作されたと思われるMate 50 Proのレンダリング画像

 一方で、昨年7月発表のHuawei P50 Proは、伝えられているMate 50 Proのカメラ構成と全く同じ。

 以前の情報によれば、Huaweiはライカとの提携を満了し、Huawei独自のイメージングブランドの「XMAGE」がライカに代わり、Mate 50シリーズが初搭載になると伝えられています。P50シリーズではLeica監修だったために、ここは大きく変わる点であり、どのように影響を及ぼすか注目したいところです。