ソニーが「PlayStation VR2」の機能を一部公開。シースルービューなど複数の新機能を搭載。 すまほん!!

 ソニーインタラクティブエンターテイメント(SIE)が販売を予告している、PlayStation 5向けVRヘッドセット「PlayStation VR2(以下PS VR2)」に関して、同端末に搭載される新機能の一部が先立って公開されました。

 PlayStation公式ブログに掲載された1つ目の機能は、「シースルービュー」。

 その名の通り、PS VR2に搭載されているカメラを使って、デバイスを装着したままでも周囲の環境を見ることができる機能です。この機能によって、ヘッドセットを装着した後でもPS VR2 Senseコントローラを探したり、周囲の状況を確認したりなどの確認を、デバイスの着脱をせず行うことができます。

 映像の切り替えは、本体に搭載されているファンクションボタンを押すか、PlayStation 5のコントロールセンターに新たに追加される、PS VR2の設定にアクセスできるメニューから行います。

 この機能は、Meta Quest 2のパススルー機能とほぼ同じもの。大きな違いとしては、Meta Quest 2においては、この機能を利用してMRアプリを利用することができますが、PS VR2においては、あくまで視認用の機能であり、MRデバイスとして利用することはできない模様。また、映像はモノクロであるほか、録画も不可とのこと。

 また、PS VR2のカメラで部屋をスキャンすることで、Senseコントローラーを使用してプレイエリアの拡大や調整を行うことも可能になりました。ゲームのプレイ中に、ユーザーが設定したプレイエリアの境界線に近づくと、画面にもエリアの境界線が表示され、注意を促します。

 

 そして2つ目の機能は、「シネマティックモード」。

 この機能では、VRデバイスから視認できる巨大画面で、PS5のシステム設定やUI、VRに対応していないゲームや、動画などのコンテンツを見ることができる機能です。

 なお、VRモードにおいては、メディアやコンテンツは全て解像度4000×2040(片目2000×2040)、リフレッシュレート90/120Hzで表示されますが、シネマティックモードでは、解像度は1920×1080、フレームレートは、24/60/120Hzに制限される点に注意が必要です。

 そのほか、別売りのHDカメラをPS5に接続することで、PS VR2を装着したまま、自身のプレイ中の姿を撮影し、VRデバイスの映像と共に配信することができるようになるなど、PS VR2では新機能が盛りだくさん。

 今後、さらなる新機能や端末の発売日、対応ゲームなどの情報が配信されるとのことで、約6年ぶりとなるPlayStationブランドのVRデバイス登場に注目が集まっています。