Dynamic Island、早くも類似機能がAndroidアプリでリリースされる すまほん!!

 iPhone 14 Proには、カメラやFaceIDなどが納まるパンチホールをごまかすべく「Dynamic Island」が実装されていますが、Androidでも同様の機能を実現してしまうアプリが登場したようです。

 利便性を高めるユーティリティ系のアプリをリリースするJawomoが、新規アプリの「Dynamic Spot」を発表。本家Dynamic IslandをAndroidでも体験できるとしていますが、実際のアニメーションなどの完成度は程遠くなっています。

 仕組みは非常にシンプルで、画面上に常に表示する権限を付与したのち、通知を受け取ったらポップアップするというもの。機種によってパンチホール穴の場所やサイズはまちまちなので、場所を移動できるのはもちろん、島自体の大きさなども変更可能です。ただし、現在は通知の確認やバッテリー残量の表示、音楽の選曲が行えますが、使える機能は最小限にとどまります。

 筆者もXiaomiデバイスで試してみたところ、MIUIでこういったアプリを使用する際に必要なバッテリーセーバーの設定を完全に忘れていたために四苦八苦していました。

 さらに通知がうまく届かなかったり、一時、島の部分の左半分が消失し、楕円の半円のみが表示されたりするというバグも発生。またダークモードで利用すると周囲と完全に同化してしまいますが、枠線を入れたり島自体の色を変えたりする機能は未実装。まだリリースから日も浅いため、長い目で見守りたいところ。