iOS/Android向けに「Kindleアプリ」登場。早速試してみた!

 電子書籍端末「Kindle」の予約開始と同時に、「Kindleストア」がオープンし、日本の出版社の書籍も購入可能となっています。

 iOS/Android向けにアプリもリリースされました。早速、使い勝手をチェックしてみます。

 Android版は、インストールと同時に、裏で日本語フォントのダウンロードも行われていました。

 ログインはAmazonのID(Email)とパスワードが必要です。

 ただし、なんとiOS版は書籍購入に非対応。自分でブラウザを開いて、ブラウザベースでログインする必要があります。まあPCやAndroidで読んでいる本を、ついでにiPhoneでも読みたいというだけなら、別に問題はないのかも。

 Android版ならアプリから普通にストアに飛べます。

 日本の出版社とは仲の悪そうなAmazon。法外な値段かと思いきや、そうでもなさそうです。

 ジャンプコミックスは定価より50円ぐらい安い。試しに無料の書籍をダウンロードしてみます。

 

 特に煩雑な作業は不要。すぐに読めます。

 

 左がAndroid版、右がiOS版。なかなか読みやすいイメージ。Android版のメニューキーで表示される項目は、iOS版では画面上をタップで出てきます。横画面にも対応。Android版にはアプリ内には画面回転ロックなどの項目はなし。

 今のところAndroid版の方が機能は多いですね。書籍の一覧もAndroid版の方が華やかに見えます。

 

 Android版はわりと常用には耐えそうです。しばらく読書に使っていきたいと思います。おかげで画面の大きめの冬モデルが欲しくなっちゃいますね。

  Google playでダウンロード