続報: App Store では今後も2ch専用ブラウザの提供を継続 ただし同様の審査を行う

 波紋をよんだ 「App Store から2ch専用ブラウザがなくなる?」の続報です。

 App Store からリジェクト(審査落ち)した 2ch専用ブラウザ GraffitiPot の公式 Twitter アカウントに、前回伝えた内容についての続報がツイートされました。


 あくまでも、他の2ch専用ブラウザは、アップデート時に個別に審査を行い、一斉に取り除く措置は行わないとのこと。なお、今回矢面となった GraffitiPot の配布は終了し(すでにストアに存在しません)Cydia(通称:脱獄ストア)での販売も行わない方針であることを明らかにしています。
 

 

 なお、ことの経緯については GraffitiPot の公式Webサイト GraffitiPot 配布終了のお知らせ を参照していただくと、ことの経緯がわかりやすくまとめられています。

 今後、アップデートがあるごとに2ch専用ブラウザは Apple の審査を受けることになり、現在はリジェクトがされていないアプリもアップデートを行えば GraffitiPot 同様の措置がとられる可能性は十分に考えられます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus