最高に気持ちいい高級ガラスフィルム「シュタインハイル GLAS.tR SLIM」をGALAXY S4に貼ってみた。

 昨今のスマートフォンは、ディスプレイにガラス等を採用し、非常に高級感があります。一方で、一般的な保護フィルムは、従来のPET素材のまま進化していませんでした。貼ると質感が大きく損なわれる、そんな保護フィルムも少なくなかったのが現実です。

 そんな中、「強化ガラス」を採用してしまった驚愕の保護フィルムが、「シュタインハイル GLAS.t」シリーズです。iPhone版XPERIA Z対応版に加えて、GALAXY S4 SC-04E対応版が登場し、SPIGEN SGPさんより実際の製品を頂くことができましたので、ご紹介します。しかも、今回はシュタインハイルの上級ラインナップ「GLAS.tR SLIM」です。

 

ガラスフィルムを失敗せずに貼る方法、その手順

 貼るために必要最低限のものは殆ど揃っています。ホームボタンシールが3つも付いているのも素晴らしいところです。自分はいつもSGPのアルミホームボタンで満足しているので無用の長物ですが、うまく貼るためにホームボタンシールにも大切な役割がある(後述)ので、大きなポイントと言えます。

[追記]ガラスではない背面用フィルムもおまけとして付属しております。自分は他のSPIGEN SGP製ケースを付けているので不要でした。

 どの付属品をどこで使うのか、わかりやすいようにリスト化してみました。作業の順番は、以下の通りにやるのがいいと思います。

  1. 先にホームボタンシールを正しい位置に貼る。(ガラスフィルムのホームボタン部分には穴が空いており、先にボタンシールが貼ってあると位置調整の目印になる)
  2. もし不安な人は、洗剤などを薄めた水を、コップなどに入れておく。(万が一粘着面にホコリが混入した場合、指をコップの中に漬け、フィルムを少し剥がして、ホコリを指で取り除くことが出来るため)
  3. 風呂場など、ホコリが混入しづらい環境で作業を行う。クリーニンググロスで画面を拭く。
  4. 続いてアルコール綿で画面をピカピカにする。
  5. すかさず前面用フィルムの貼り付けを行う。粘着面が空気とふれあう時間を短くするため、本体と近い位置で作業を行うのが、異物混入を防ぐコツ。貼り終えて、もしホコリが混入していたら2の手順へ。そうでなければ6の手順へ。
  6. バブルリムーバー(スクイージー)を画面にあてがい、空気やアルコールを外に押し出す。

 というわけで、こんな手順で自分はうまいこと貼れています。さらに仕上げとして、別売りのフッ素液を用いて、フッ素コーティングすると、指紋や汚れにさらに強くなるのでオススメです。

 

「GLAS.tR SLIM」の素晴らしさ


 「GLAS.tR SLIM」の何が凄いか?それは、角が丸っぽくラウンドするよう、きっちり処理がしてあることです。

 加工処理がされていないタイプの場合、角はエッジが立っていて、ホコリがたまったり、中には指の皮膚が切れてしまったりするものもあるようですが、「GLAS.t R SLIM」ではそうしたことはありません。

 さらにホームボタンシールとの相性も非常にいいです。ガラスの厚みとボタンが同じぐらいの高さになっているのがわかるでしょうか。

 もちろん、ガラス特有の滑りの良さも大変素晴らしく、タッチ操作が非常に快適になります。フリック操作が気持ちいい!指紋がついてもさっと拭けるのもいい点です。さらにガラスなので、美しいディスプレイの見え方を損なうこともないのです。

 0.26mmのタイプも大変素晴らしいのですが、強い衝撃で縁がひび割れてしまうことがありましたが、0.4mm以上のタイプのガラスフィルムではそうしたことが起きたことがないので、本製品は安心して利用できます。

 高級ガラスフィルムを貼るなら、この「GLAS.tR SLIM」がイチオシです。公式サイト、およびAmazonにて購入可能となっています。

【国内正規品】SPIGEN SGP Galaxy S4 シュタインハイル GLAS.t R スリム リアル スクリーン プロテクター 【SGP10178】
【国内正規品】SPIGEN SGP Galaxy S4 シュタインハイル
GLAS.t R スリム リアル スクリーン プロテクター

スマートフォン用耐指紋性撥油コーティング Fusso SmartPhone

スマートフォン用耐指紋性撥油コーティング
Fusso SmartPhone

関連記事: Spigen (旧SPIGEN SGP) / ガラスフィルム / シュタインハイル

この記事にコメントする

comments powered by Disqus