「iOS 7」が非純正品を検知し警告する問題、早くも検出を回避する「非公式ライトニングコネクタ」が登場 ― 中国から

 「iOS 7」をインストールしたiPhone 5に、Appleの純正品以外のLightningケーブルを差し込むと、「このケーブルは非正規品であり信頼できないかもしれません」と警告が発せられることを以前お伝えしました。

 これは、AppleがLightningコネクタに認証チップを埋め込むようになったことから予見されていた事態ではありました。今後も非純正品は推奨されない方向になるのでしょう。

 しかし中国のサードパーティーは、こうしたAppleの認証を突破したことを発表しました。

 左(黒色)が従来の非正規品、右(ピンク色)が新たに開発された非正規品「Lightning Cable for iOS 7」です。左は警告表示が出ますが、右は出ていません。

 これはひらたく言えば認証チップをクラックできたということです。この技術力とフットワークの軽さには、さすが中国メーカーと感嘆せざるを得ません。

 ただしこうした非正規品が、「iOS 7」がベータ版である今、中国で登場したということは、Apple側も何らかの対策を講じてくることも予想されます。中国メーカーとAppleのいたちごっこは当面続きそうですね。

情報元:9to5Mac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus