Androidを搭載したミラーレス一眼、サムスン「GALAXY NX」がついに正式発表

 サムスンは同社のミラーレス一眼ブランドである「NX」を冠した、Galaxy NX を発表しました。最大の特徴はAndroid OSを採用し3G/LTEの通信に対応することで、写真を素早く共有が可能です。

 

 Android 端末としての性能は1.6GHzのクアッドコアCPUと2GBのメモリを搭載しAndroid 4.2 を採用。

 カメラとしては2030万画素APS-CサイズのCMOSを採用、4.8インチのディスプレイとEVFを搭載、同社のNXマウントのレンズが利用可能。

 Galaxy Camera から Galaxy Zoom ときて、噂をされていたGalaxyブランドのミラーレス一眼ですが、まさか実現するとは……。といったところでしょうか。

 なお、日本では国内の光学機器メーカーが強く、サムスンのカメラと聞いてもピンと来ませんが諸外国では普通に売られていたりします。ただし、国内ではNXマウントのレンズが流通していないことから、発売されても有効活用するのが難しそうですね。

 

 主な仕様は以下の通りです。レンズ交換式の仕様からして、スマートフォンよりもカメラの色が強くなっています。

 イメージセンサ  20.3Mピクセル APS-C CMOSセンサ
ディスプレイ  4.8インチ TFT + EVF
 プロセッサ  1.6GHz クアッドコア
RAM  2GB
 内蔵フラッシュメモリ  16GB
 OS  Android 4.2
 撮影可能な画像のサイズ     最大2000万画素(5472×3648)
撮影可能な動画のサイズ   FHD(25fps),HD(50fps)など
 対応するLTE/3Gのバンド  LTE: 2600/2100/1800/900/850/800MHz
3G: W-CDMA 2100/1900/900/850MHz
 Wi-Fiの規格ならびにその他の通信(GPS) Wi-Fi a/b/g/n
Bluetooth4.0 
GPS 
 筐体のサイズ  136.5 x 101.2 x 25.7mm 重量495g
  バッテリー  4360mAh 

情報元:SAMSUNG

この記事にコメントする

comments powered by Disqus