PC用のプロセッサー「Haswell」搭載・「VAIO Duo風」高精細変態タブレット「ATIV Q」でAndroidを動かすと?

 Android OSとWindows 8がデュアルブートで動く、コンバーチブル端末「ATIV Q」がサムスンより正式発表されました。Windowsとモバイル用OSのデュアルブートといえば、6年前に「HTC Shift」なんてUMPCがありましたね。

(Image source:Phone Arena)

 タブレットにもなるスライダーPCという、一見SONYの「VAIO Duo 11/ 13」風の機体ですが、ディスプレイは「Duo」よりも動作範囲が広く、角度をつけられることがわかります。

  3200×1800の超高精細ディスプレイS-Pen搭載というのが驚異的。様々な用途が思いつきますね。スペックは以下の通りです。

ディスプレイ  13.3インチ 3200×1800 qHD+
 CPU / GPU Intel Core i5-4200U Haswell デュアルコア 2.6GHz / 
Intel HD Graphics 4400 
RAM  4 GB 
SSD 128 GB 
フロントカメラ 1MP
 OS Windows 8 / Android 4.2.2 Jelly Bean 
 バッテリー 9時間駆動
重量  約1290 g
その他  Sペン搭載

 Windows RTではなく、Windows 8ですからね。Haswellを搭載しています。アプリ起動などを通じてシームレスにAndroid OSに移行可能。では、Androidのベンチマークを計測したらどうなるのでしょうか。その結果が以下の通り。

 それでもAntutuベンチマークの計測結果は、なんと54681となっています。もはや桁違い。

 斬新な形状とギミックのみならず、ソフトウェアやスペック面でも非常にギーク受けしそうで、面白い機種ですね。発売の時期や地域、価格はまだ未定となっており、続報が待たれます。

情報元:SAMSUNGPhone Arena, ePrice 経由:リンゲルブルーメン

[19;06]一部表現を修正

ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック
ソニー SVD13219CJB VAIO Duo13 ブラック

この記事にコメントする

comments powered by Disqus