ようこそ未来へ「ギャラクシー ギア」発表

WS000010

 腕時計型のウェアラブルデバイスの大本命?

 サムスン電子は IFA 2013 で腕時計型のモバイル端末 GALAXY Gear を発表しました。9月25日に149の地域で発売されます。また、日本市場へも投入もアナウンスされました。

WS000009

 

 主な仕様は 800MHz のシングルコアプロセッサ、1.63インチの Super AMOLED ディスプレイ、1.9メガピクセルの裏面照射型CMOS、オートフォーカスにも対応、720pの動画の録画も可能です。

 4GBの内蔵ストレージと共にアプリケーション実行用のメモリには512MBを搭載、多くの対応アプリケーションが予告されています。

WS000030

 

よく見るとLINEアイコンが

 他にもS Voice、Smart Relay などのサムスン謹製のアプリケーションも内蔵されています。

 もちろん、音声通話にも対応し、Bluetoohで接続した端末と子機として通話が可能、2つのマイクと1つのスピーカーが内蔵されています。

WS000033

 気になるバッテリー時間も「25時間+」ということで、時計として使うには若干面倒くさいですが、このサイズにこれだけの多機能を詰め込んだのにも関わらず、25時間以上バッテリーが持つのはすばらしいですね。一日一回の充電なら、気兼ねなく使えそうですね。

 対応端末は 同日発表された、GALAXY NOTE III をはじめ、GALAXY S4 ,GALAXY Note II , GALAXY S III が上げられていたので、既存のGALAXYユーザも使えるみたいです。これは実物が見てみたい一台です。

 未来がすぐそこに待っているぞ!!!

情報元:Samsung Mobile Press

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus