もはや風物詩? iPad AirのPVに「大阪弁バージョン」が登場。

Capture_2013_10_24_12_12_39_929

 Appleの新製品発表会にて、新型のiPad mini (2nd Gen)iPad Airが発表されました。

 その中でもiPad Airについて、説明する英語のPVを、大阪弁に訳してしまったネタ動画がアップロードされています。

 この動画のアップロード者は、以前からAppleの新製品のPVが上がるたびに、「大阪弁バージョン」を公開しています。個人的にはiPhone 5sのTouch IDを「たっちあいでー」と独特のイントネーションで喋る動画が好きです。

 もちろん、関西人がホントにそんな喋り方をするのかは知りません。(名古屋弁では「エビフライ」を「えびふりゃー」と呼んでいるなんて都市伝説や、河村たかしの過剰なイントネーションの名古屋弁は、名古屋人からすると違和感がありますが、関西人の方からするとそういう印象を受けるんでしょうか?)

 他にもAppBankさんが別の大阪弁バージョンを作成していたり、山口弁富山弁シリーズも存在するようで面白いですね。Appleの新製品発表というイベントのたびに見られる、ひとつの風物詩と言えそうです。

 なお、通常のPVに日本語字幕を付けたものが、公式で公開されているので、元のバージョンを見たい人はそちらをご覧ください。

情報元:YouTube

この記事にコメントする

comments powered by Disqus