中国レノボ、グーグル傘下のモトローラを買収。

motorola-lenovo

 中国Lenovoは、Motorola Mobilityを買収することを発表しました。買収総額は29億1千万ドルとなります。

 Lenovoはパソコン大手の世界企業であるとともに、中国スマートフォン市場におけるシェア第1位の大手メーカーとなります。

 今回の買収により、Motorola Mobilityが保有していた2000の特許は、Googleが引き続き保持するものの、Lenovoも使用できる公算となります。また、LenovoはMotorolaというブランドと商標を利用できることになります。

 中国市場でこそLenovoは1位ですが、今後は海外市場におけるシェアもより高めたい狙いがあるでしょうから、Motorolaの持つ資産やブランドは大きな意味を持ちます。Lenovoといえば、消費者にとってはチープなイメージもあります。Lenovoのブランドではリーチできない市場には、かつて世界の携帯電話市場を席巻したMotorolaというブランドは、武器となるでしょう。

 2005年、Lenovoは12.5億ドルでIBMのパソコン部門を買収し、評価の高いPCのブランド「ThinkPad」も得て、世界第3位のコンピュータメーカーとなりました。今後、Lenovoはどのような展開を見せてくれるのでしょうか。期待したいところです。

情報元:TechCrunch

これが「iPhone 5C」の好敵手――「東洋のアップル」と呼ばれる中国メーカー「小米(Xiaomi)」とは?

この記事にコメントする

comments powered by Disqus