嫁に触れられる日、近づく。 富士通研、触感が得られるタッチディスプレイを試作

24a

 富士通研究所は「ツルツル感」や「ザラザラ感」を触覚を得られるタッチパネルを搭載したタブレットを試作しました。

 従来の製品ではタッチパネル自体の振動や静電気の発生にて、凹凸感の感触を伝える技術はありましたが、今回富士通研究所は超音波振動によりタッチパネルと指との間に摩擦力を変化させ、触感を提示する技術を業界で初めて開発し、タッチパネル上で表現しづらかった、ツルツル感やザラザラ感を体感できるようになったとしています。

ツルツルでこぼこザラザラ タッチパネル表面を超音波振動させることに、従来にないツルツル感を実現。さらに、錯覚を利用した凸凹感やザラザラ感を実現することで、ディスプレイから得られる視覚的情報とスピーカーから出力される音響情報に触覚の情報を増やし、VR(バーチャルリアリティ)システムの構築が可能になります。

 試作機では、琴の弦をはじく感覚、金庫のダイヤル錠を回す感覚、ワニの皮膚のごつごつとした感覚などのデモンストレーションを行いました。

 今後は電子カタログなどの応用を考えており、触覚表現とその多様化について研究開発を進め、2015年度中に製品化を目指しています。

 このような製品が一般家庭に広まり、コンテンツが拡充されていく日が近づくと考えると、胸が熱くなる思いですね。熱い夢とロマンが詰まった技術だと思います。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus