30秒に1回自動撮影!人気のクリップ型ウェアラブルカメラ「Narrative Clip」レビュー

 かなり前から気になっていた、人気のウェアラブルカメラ「Narrative Clip」がようやく届いたので、実際に数週間使用してみました。

 この小さいクリップ型のカメラは、30秒ごとに1回自動で写真を撮影し続けます。36mm四方・厚さ9mmの本体には、500万画素の裏面照射型センサとストレージ、バッテリー。加えて、モーションセンサが備えられており、自動インターバル撮影に加えてダブルタップによるマニュアル撮影にも対応しています。電源ボタンは存在せず、レンズ面を下にするか、ポケットなどに入れると自動的に撮影がoffになる仕組みです。

DSC01527

 このカメラの特徴は、小型且つ軽量であるため、服や帽子など色んな部位に装着でき、ユニークな写真が撮影できるというところ。ノーモーションで30秒に1回自動で撮影されるため、人びとの日常的な仕草や、カメラを向けた時とは違う自然な笑顔などを簡単に撮影できる。というコンセプトのガジェットです。

 1日使用した場合、撮影枚数は約2000枚ほどにもなり、保存と整理に困るうえ、見返すのも大変そうですが、「Narrative Clip」はUSBでPCを経由して専用のクラウドサービスに写真をバックアップするほか、位置情報や画像認識、顔認識などの技術を使い、写真を意味のある単位にグループ化して整理してくれるため、写真参照がとてもしやすいです。

DSC01540

 ただ唯一気になる所があるとすれば、本体の充電器の差し込み口にゴムのカバーが付いているのですが、これが少々安っぽい。使用回数を重ねると、簡単に外れて無くしてしまいそうです。そうした点を差し引いても、これから世界一周の旅にて使用する予定であり、その際にかなり良い写真が撮れるのではないかと、大いに期待しているところです。

 最後に。初めてのすまほん!! 投稿になります。Keola(ケオラ)と申します。よろしくお願い致します。因に今年の夏から約1年間世界一周の旅に出る予定なので、どんどん世界の面白ガジェット情報を発見し、投稿していこうと思っています。

 世界一周の旅行記などの配信も予定しております。今後よろしくお願い致します!

この記事にコメントする

comments powered by Disqus