ファブレット、ついに7インチの領域へ……サムスン「GALAXY Tab Q」発表

  Samsungは、中国市場向けのモデル「GALAXY Tab Q」を発表しました。

samsung-galaxy-tab-q

 サイズは7インチで、あくまでGALAXY Tabのラインナップに位置付けられていますが、どちらかというとファブレット端末と言うべきかもしれません。 この製品の特筆すべき点は、イヤースピーカーとマイクロフォンを備えており、「耳にあてて通話ができる」という点です。

OS Android
CPU  1.2GHzクアッドコア
 ディスプレイ 7インチ, HD解像度, TFT液晶
カメラ  800万画素
インカメラ  200万画素
 バッテリー 3200mAh
寸法 191.8 x 99.7 x 8.9mm
重量 250g
その他  通話可能, microSDカードスロットあり

 本機のスペックは、先月韓国市場向けに発表されたLTE-A対応機「GALAXY W」によく似ています。こちらも耳に当てて電話していますね。通話対応タブレットや、VoIPアプリを入れたタブレットで通話をする人もいるでしょうが、その場合は多くはヘッドセットやイヤホンマイクで通話することになるでしょうから、耳にあてて通話するタブレットは、日本人からは特に珍しいように感じます。(日本では2010年にSC-01Cとして発売された『7インチ』の先駆者Galaxy Tabは、スピーカーが下部についていたので、端末をひっくり返せばヘッドセットを使わず通話できましたね。あとは今はなきNECカシオのMEDIASTab ULも)

galaxy-w

(韓国市場向け 7インチ GALAXY W)

 GALAXY Qの公式サイトでは、大画面を生かしたマルチウィンドウなどの機能が推されています。中国市場でどこまで受け入れられるか見ものですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus