ソニー、ナスネを「VAIO」以外のパソコンに開放

DSC00378

 SONYは、同社製のネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」を、他社製のWindows搭載PCでも利用できるソフトウェアを公開します。

 nasneは、SONYのネットワークレコーダーです。BS・CS・地上デジタル放送に対応。ホームネットワークに繋いで自宅のどこでも、スマートフォン・タブレット・VAIOでテレビが見れるほか、「ワイヤレスおでかけ転送」による録画番組の持ち出し、宅外からの番組予約録画が可能です。

DSC00381+1

 これまでPCからnasneを操作するソフトウェアは、VAIOでのみ利用できる「VAIO TV with nasne」に限定されてきました。

nasne-Channel

 しかし今回SONYが発表したソフト「PC TV with nasne」は、Windows 7 / 8 / 8.1で動作するため、VAIOでなくても動作します。VAIO事業部の売却、株式会社化の動きと関係あるのかもしれませんね。

 なお、「PC TV with nasne」シェアウェアとなり、買い切りで3000円の価格が設定されています。2週間は体験版として無料で試すことができます。

 高いと見るか安いと見るかはユーザー次第かもしれません。HDD搭載のBDレコーダーは5万円以上が相場。ただ単にスマートフォン/タブレット/PCからテレビ番組を見たいというだけなら、一般的なレコーダーは過剰性能かもしれません。そうなると1万円台後半の価格から入手できるnasneであれば、ソフトウェア代金をあわせても2万円程度で環境を構築できるので、用途を絞ればコストパフォーマンスに優れていることになります。

 個人的に1年半ぐらい利用していますが、非常に満足度の高い製品なので、「PC TV with nasne」の登場を機に、導入を検討してみるのもいいかもしれません。

関連:

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)
nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)

この記事にコメントする

comments powered by Disqus