病院でのケータイ・スマホ利用制限、大幅に緩和

soumu

 総務省の「電波環境協議会」が新しく策定したガイドラインで、病院での携帯電話の利用が解禁されることがわかりました。

 これまで携帯電話の利用はガイドラインで厳しく制限され、医療機関従事者はPHSを利用するといった措置がとられてきました。しかし利便性向上のため、患者の携帯電話利用が大幅に制限が緩和されることになります。ただし手術室での電源OFFや病室での通話は制限されることなどが望ましいとされています。

 2Gの終了など、医療機器携帯端末の電波が医療機器に影響を与える可能性は日々下がってきました。実態に合わせたガイドライン改訂は喜ばしいところ。今後は各医療機関がガイドラインに沿ったルール改定を行っていくことになります。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus