傑作トラックボール「M570」が壊れたので交換を申し込んでみた

 ロジクールのトラックボール「M570」を使用しています。大画面のパソコンでも使いやすく、手首への負担も少ないとてもいい製品です。

logicool-wireless-trackball-m570

 しかし、完璧な製品というのはなかなかないもので、M570にもいくつか難点があります。まず「定期的にボールを外して軸受けの掃除をする必要がある」こと。これをしないとボールの転がりが非常に悪くなります。ボール外して掃除とかいつの時代のマウスだよと思いますが、掃除が必要なものは仕方ないのです…。

 そしてもうひとつの欠点が「ボタンが壊れやすい」こと。M570以前に使ってきたロジクールのマウスは比較的耐久性が高く壊れづらいものが多かったのですが、正直なところM570の耐久性はダメですね。レビューを見ていてもボタンが壊れるという評価が非常に多いです。

 そして今回、自分が使っているものも壊れてしまいました。外見は問題ないのですが、左ボタンがチャタリングを起こしてクリックがダブルクリックになってしまうように。こうなるとストレスが溜まる一方なので、早急に交換に出すことにしました。

保証期間内のはず…だけど保証書がない

 M570には3年の保証がついていて、保証期間内なら修理・交換に応じてくれます。自分が購入したのがいつだったのかは覚えていませんが、3年は経っていないはず。

 しかしここでよくある問題が発生。自分は保証書をどこに片付けたのでしょう…。ロジクールのマウス・トラックボールの多くは、パッケージ底面が保証書になっています。パッケージが見当たらない、ということはつまり誤って捨ててしまったという可能性が高いです。

 ないものは仕方がないので、とりあえずロジクールのサポートに電話してみました。

自分「かくかくしかじかで、M570の調子が悪いんです」

サポートの方「かしこまりました。保証書はお持ちですか」

自分「見つかりません」

サポートの方「では、メールをお送りしますので、商品のPIDとサポート受付番号が1枚に写った写真を添えて返信してください。その写真から交換が可能か判断し、再度連絡を差し上げます」

 PIDというのはどうやら製造番号のことのようです。M570は電池を外した下に印刷されていました。自分が送った写真がこちらです。

m570

矢印の先にPIDが印刷されていました

 PIDと紙に殴り書きしたサポート番号をスマホで適当に撮っただけの写真ですが、翌日には交換品を送付することができる、とのメールが届きました。M570は生産が終了しているので後継品のM570tになることと、在庫がないため発送まで時間がかかることが書かれていました。

到着。型番は…同じ?

 サポートに電話したのが9月3日で、翌日にはすでに交換可能との連絡があり、9日に発送予定日の連絡があって、実際に交換品が到着したのは19日でした。早速開封して比較。

 m570m570t

 左が故障したM570、右が交換品のM570t。汚れている以外は同じに見えます。

 M570t

 M570tの裏面…なのですが、型番表記もM570のまま、同じです。

 M570とM570tは価格改定による型番の変更らしく、違いは特にないようです。内部のスイッチがオムロン社製からノーブランドに変更されているという分解報告もありますが、内部のパーツはロットや製造工場によって変わる場合もあるので、実際のところはわかりません。少なくとも本体の外観と機能はまったく同じです。クリック音が微妙に異なる気もしますが、新品同士の比較ではないのでアテになりません。

壊れたM570の扱いは…

 壊れてしまったM570は送り返すものだと思っていたのですが、サポートからのメールによると「廃棄してください」とのことでした。送り返す手間と送料が無駄なので、歓迎すべき対応です。二度目三度目の故障となると返送が必要なのかもしれません。

 ちなみに、万が一代替品がまた故障した場合の再交換には元々の保証書が必要とのことでした。保証書が手元になければ交換できたとしても一度きりなので、M570の脆弱さを考えれば保証書はしっかり残しておいたほうがよさそうです。

 ともあれ、気に入っているトラックボールが新品で戻ってきたのはありがたいことです。ロジクールさんの神対応に感謝ですね。もうちょっと壊れづらくして、あとチルトホイールをつけた新型をお待ちしております!

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

この記事にコメントする

comments powered by Disqus