ファーウェイ、SIMフリー「Ascend G620S」を国内投入。価格は2万2千円

d2531-54-452004-0

 Huaweiは、SIMフリースマートフォン「Ascend G620S」を日本国内で12月中旬より発売します。価格は2万2千円。

 採用するチップセットはSnapdragon 410ですが、メモリの容量を加味すると台湾ASUSが日本市場に投入するZenFone 5より若干劣る形になります。

【お詫びと訂正】21:00 初出時 スペック表のCPUならびにメモリの容量に誤りがありました。お詫びして訂正致します。

OS Android 4.4 KitKat
CPU  Qualcomm MSM8916 Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコア
メモリ  1GB
ストレージ  8GB, microSDカードスロット
 ディスプレイ 5インチHD
カメラ  800万画素
インカメラ  200万画素
 バッテリー 2000mAh
寸法 72.1(幅)×142.9×8.5mm
重量 160g
バンド GSM:850/900/1800/1900MHz
W-CDMA:800/900/2100MHz
LTE:B1/3/7/19

 カメラはブルーガラスフィルターを採用しており、人の目に近い、自然で美しい色味を実現します。

 ソフトウェアにはHuawei製端末でお馴染みの「Emotion UI 2.3」を採用。文字入力には富士ソフト製「FSKAREN(エフエスカレン)」を採用しています。

 価格は2万2000円程度になるとされており、非常に魅力的です。しかしmicroSDカードへの書き込みに制限のあるAndroid 4.4 KitKat OSでありながら、ストレージ容量は8GB程度であるなど、ガッツリ使い込むには不安のある構成となっており、あくまでも価格相応といった点には注意が必要です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus