パナソニックのAndroidカメラ「CM1」、英国で12月1日発売。

panasonic_lumix_cm1

 Panasonicは、イギリスにて12月1日に「LUMIX DMC-CM1」を発売することを明らかにしました。

 販路はPanasonic直営店、および複数の小売店。この中にはカメラ販売店や、Heathrow空港内のDixons Travelが含まれています。

 CM1は、LUMIXブランドを冠し、有効画素数2000万画素の1インチMOSセンサー、F値2.8のLEICA DC Elmaritレンズを搭載しています。しかしOSにはAndroidを採用しており、SIMスロット・LTE通信モジュールを内蔵した「コミュニケーションカメラ」との位置付け。Full HDディスプレイ、2600mAhバッテリーなど、GALAXY S5程度の性能を有しています。

panasonic-lumix-smart-camera-cm1

OS Android 4.4 KitKat
CPU  Qualcomm Snapdragon 801 2.3 GHz クアッドコアプロセッサ
メモリ  2GB
ストレージ  16GB, microSDカードスロット
 ディスプレイ 4.7インチFHD(1920×1080)
カメラ  20メガピクセル, 1インチMOSセンサー, 35mm版換算28mm, 
解放F値2.8, ライカ DC Emarit Lens, RAW画像/4K動画撮影
 バッテリー 2600 mAh 
寸法 135.4×68×21.1mm
重量 204g
その他  LTE, NFC, SIMフリー, Wi-Fi

 価格は900ユーロ(日本円で約12万5000円)が想定されています。なお、CM1の本体には日本の技適マークの表示があるため、国内販売の可能性も高いと思いますが、Panasonic側はCM1が「0円」などの表記でぞんざいに扱われることを嫌っており、大手携帯キャリア以外の販路で登場することになるでしょう。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus