マウスコンピュータ、WindowsPhoneベース端末の開発に着手

マウスコンピュータ_Windows_Phone

 BTOパソコン大手の株式会社マウスコンピュータが、Windows Phoneベースのデバイス開発契約を締結し、開発に着手したことを明らかにしました。画像は開発中の試作機のものです。

 詳細な仕様は明らかにされていませんが、現時点ではLTE対応のSIMフリー端末を予定しているとのことで、詳細な製品構成や販売時期については、後日発表とされています。

 諸外国ではMicrosoft傘下となったNOKIAのLumiaシリーズをはじめとしたWindows Phoneが販売されているものの、国内では、2011年8月末に発売されたIS12Tを最後に、コンシューマ向けの製品は販売されていませんでした。

 先日発表されたWindows10では、PCやスマホのOSが統合されることで、国内でもWindows Phoneを搭載するスマートフォンに再び注目が集まっていました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus