どこが変わった?MacBook Pro(13インチ)/Airを解説

スクリーンショット 2015-03-10 02.30.40

 先ほどのSpecial Eventの目玉は、新しいMacBook(12インチ Retinaモデル)でした。

 しかし何気にアップデートされている「MacBook Air (Early 2015)」と「MacBook Pro 13インチ (Early 2015)」が、本日より発売されます。こちらも見逃せませんね。一体どこがどう変わったのか、解説していきます。

プロセッサーの変更

27151_1_intel_rejects_the_idea_that_they_are_going_bga_only_full

 Pro 13およびAirは、新たに第5世代 Intel Coreプロセッサー(Broadwell)を搭載し。駆動時間の向上、パフォーマンスの向上など図られています。またグラフィックスもAirはIntel Graphics 6000、Pro(13インチ)はIntel Graphics 6100に変更されています。

 Airはこの変更のみにとどまりました。デザインやその他は変更なしでそのままですが、どうやらProだけは、少し違うようです。

Pro(13インチ)は新しいTrackpadを搭載

mbp13-touchpad

 新しいMacBookに搭載された圧力感知機能を搭載したTrackpadをMacBook Pro(13インチ)は搭載します。しかし、以前と比べて薄くなったわけでもなく、外見が変わったわけでもありません。うーん、搭載するメリットは一体……?

感圧Trackpadとは

 感圧TrackpadはMacBookに搭載された新しいTrackpadです。従来のTrackpadのように押し込んだりせず、押し込まれた強さの加減で操作できるというものです。この圧力感知機能Trackpadの機能としては、強めに押すとカレンダーに予定を作成したり辞書検索ができたり、長押しでQuickTimeムービーの早送りなどが調節できたりします。

 また感圧スケッチに対応しているので、指で強さを調節して書くことで、線を細くしたり太くしたり自由自在に調節できるようです。この機能は署名などに使えるようです。

 従来のTrackpadよりも更に使い勝手が向上したようですね。早く製品実際の製品を触ってみたいです……。

新型MacBook Air/Pro(13インチ)は今日から

 この第5世代Coreプロセッサー搭載のAir / Pro(13インチ)は、本日よりApple Storeにて販売開始されるようです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus