ギャラクシー使い涙目?サンディスク、容量200GBのmicroSDXCカードを発表。

nexus2cee_Ultra_microSDXC_Black_UHS-I_C10_200GB_LR-1_thumb1

 SanDiskは、容量200GBの「Ultra microSDXC UHS-I Premium Edition」を正式発表しました。

 これまでに販売されているmicroSDXCカードは128GBなので、今回発表された製品は最大級の容量となります。microSDXC規格に対応したスマートフォンなら、おそらく使用できます。しかし200GBともなると、動画もハイレゾ音源も入れ放題ですね。そういえばアイリバーの超高級音楽プレイヤーは、256GBストレージを搭載していました。

 これを伝えた海外サイト「Android Police」は、先ほど発表されたSamsungのフラッグシップモデルGALAXY S6とS6 edgeが、microSDカードスロットが無いことが判明した直後のため、あまりにタイミングが悪すぎることから、「Samsungのファンが泣いて歯ぎしりをしている」と冗談交じりに伝えており、海外で話題となっていました。日本風に言えば「ギャラクシー信者涙目」といったところかもしれません。

 とはいえこの200GBのmicroSDXCカード、価格はなんと400ドル程度とのこと。日本円で4万円台後半になってしまうので、簡単に手を出せるものでもありません。128GBのmicroSDXCカードの実に4倍。非常に高いです。これならmicroSDXCカードを2枚差しできるSaygus V2に、128GBのカードを2枚挿したほうが安そうです。

 個人的には、購入予定のGALAXY S6 edgeは最小限の32GBモデルで構わないと思っているので、特に泣いても歯ぎしりをしてもいません。ただし愛用しているGALAXY Tab Sの、後継機にmicroSDXCカードが挿さらなかったらちょっと悲しいです。タブレットではたくさん動画を観たいですからね。まあ、それでも200GBまで必要かどうかは微妙です。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus