「新しいMacBook」ハンズオン

P1750628_R

 Appleのラップトップデバイス「新しいMacBook(12inch, Retina, 2015年モデル)」が発売しました。Apple Storeではまだ販売はされていないようでしたが、展示が開始されていたので簡単にハンズオンを上げておきます。

 初めてMacBook Airが登場した時もなかなか衝撃的ではありましたが、新しいMacBookはあの驚きをもう一度与えてくれる出来です。筐体はMacBook Air同様にアルミ製。重量は920g。とっても薄いボディです。はっきり言ってめちゃくちゃクールなので、ぜひ店頭で見たほうがいいですよ。

new-macbook-gold

 薄さによって犠牲になったのはキーボード。キーストロークはあまりにも浅い。端を押せば全体が沈み込むギミックは面白くて、確かに思ったよりは押しやすい。iPadのソフトウェアキーボードやSurfaceのタッチカバーで文字を打つぐらいならこっちの方がいいです。けれども長文入力は到底、無理そうだなと思いました。最近ThinkPad使ってるので尚更そう感じます。

P1750629_R

 とはいえ前に使っていたVAIO Duo 13のキーボードなんて浅くてペシャペシャで良くなかったですが、VAIO Duo 13のクールな筐体とデジタイザーとサーフスライドギミックに感じた「浪漫」の一言で、何が何でも使う気になれたので、新しいMacBookに惚れ込んでしまった人ならどうにでもなると思います。自分はVAIO PやVAIO Proでもう十分に浪漫を充足しすぎたせいか、「ゲッ、軽い軽いとは言っても、今まで使ってたあれらより重くて、キーボードこれかよ……」と思ってしまうので、とりあえず今回は買うのはやめておきます。

 タッチパッドは、普通のタップと、「押しこむ」タップを検知。押し込んだ場合はメニューが出ます。つまり右クリックいらず。これまで右クリック相当の操作は指二本でやったりしてましたが、指一本で済むことに。ついにAppleの悲願達成といったところ。

 プロセッサーはCore Mと呼ばれるモバイル用のもの。本来タブレットデバイス向けのものであるので、一般的にノートPCやウルトラブックに搭載されるものと比べて処理能力が劣ります。とはいっても動作に引っかかるところは、あるにはありますが、Atomプロセッサのタブレットやネットブックたちに比べたら、全然いいですからね。こちらは最新・高級価格なので当然といえば当然です。iMovieもまあまあ動いてたんでライトな編集なら全然いけそうです。

 あえて言うならAppleが作った正しいネットブックという感じ。褒めてます。iPadとMacBook Proの間を埋めてくれるデバイスだなあと思います。何気にディスプレイが美しく精細なので、解像度の低いMacBook Airの立ち回りが気になりますね。

 店頭では確認しようのないことですが、電池はかなり持つらしいです。なので、サブ機にいいなあと思います。もし自分がVAIO Pro 11もiPad Air 2も持ってなかったら飛びついていた可能性高いですね。次機種の、価格が少しこなれて、キーボードがもう少し良くなっていたら検討候補です。機動性に優れた薄型軽量モデルだけに、(ありえないとは思いますが)ついでにSIMスロットまで付いてたら、絶対欲しくなっちゃいますね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus