Windows8以降のノートPCでタッチキーボードを出なくする方法

 最近ではタッチパネル搭載のタブレットが流行っています。OSもWindows 8 / 8.1以降では、タッチパネルデバイスに対応し、文字入力時などにタッチキーボード(スクリーンキーボード)が出てくるようになりました。

スクリーンショット 2015-04-11 14.01.46_R

 一方で、ノートPCでは、物理キーボードを搭載しているので、タッチキーボードは全く不必要なものです。とはいえ各社タッチパネル搭載のノートPCも増えつつあります。タッチパネルがあったらあったで便利なのですが、それでも文字入力に使うことは一切ない人が多いでしょう。使わないものが不意に出てくるのは邪魔でしかありません。

 このタッチキーボードを二度と起動しないよう抑制する方法は以下のとおり。

  • コントロールパネル→システム→セキュリティ→管理ツール→サービス→「Touch keyboard panel and handwriting panel service」を右クリック→全般タブ→スタートアップの種類:無効に。

Touch keyboard panel and handwriting panel service

 この時、サービスの状態を「停止」するか、再起動することで、タッチキーボードが出なくなります。困っている人はお試しあれ。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus